仮想通貨ビットコイン、小幅に上昇 「米中が休戦で合意」報道の後

「米中貿易戦争は休戦で、米国は追加関税を課さず」

「G20サミットに合わせて大阪市内でトランプ大統領と習近平国家主席が会談し、貿易協議を再開することで一致した」と中国の新華社通信の報道を引用する形で各社が29日13時過ぎに一斉報じた。米中貿易戦争の激化がプラス材料になっていると言われるビットコインだが、13時過ぎからわずかに上昇している。

(出典:TradingView「ビットコイン/米ドル(1日)」)

米中が「休戦」で合意するという報道は29日の会談前にサウス・チャイナ・モーニングポストが報じていた

米中貿易戦争が激化する中、ビットコインが資産の逃避先として買われたという見方は多い。

【関連記事:「米中貿易戦争で株が暴落する中仮想通貨ビットコインが安全資産として機能」米主要経済メディアが認める|XRP(リップル)なども急騰

今回の休戦は、FRB(米連邦準備制度理事会)の利下げスケジュールにも影響するかもしれない。

FRBは先週、経済の不確実性が高まれば利下げを辞さない姿勢を示唆した。FRBの金融緩和路線の拡大がビットコインにとってプラスになるという見方もある

【関連記事:ビットコインが上昇した4つの大きな理由、 米仮想通貨分析企業メサーリが指摘