ロシア:ブロックチェーン技術で大学の卒業証書を保管、卒業確認をウェブサイト上で可能に

 ロシアの国立大学の1つがブロックチェーン技術を使って大学の卒業記録を保管すると、26日に発表した

 ロシア連邦政府付属金融大学の発表とツイッターによると、 同大学は「過去10年間に発行されたすべての卒業証書」を分散台帳技術を使って記録したという。この措置の狙いは、潜在的な雇用者によるデジタル卒業証書が本物かどうかのチェックを、2018年9月からは同大学のウェブサイト上ですべて可能にすることだ。

 発表によると、すべての卒業証書はSHA-256アルゴリズムによって暗号化された、固有の識別番号を持つ。SHA(セキュア・ハッシュ・アルゴリズム)は、ビットコインネットワークのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムをベースとしている。

 モスクワを拠点にする同大学はロシアで「最も力のある」大学ランキングで第5位にランクされており、ブロックチェーン技術で暗号化されたデジタル卒業証書を提供するロシア初の高等教育機関となっている。

 すでに同様の取り組みは他国でも行わている。米国のサチューセッツ工科大学(MIT)は昨年10月、ブロックチェーンを使ったデジタル卒業証書を提供する世界初の大学となっている。