ポロニエックス、コイン9種の米国ユーザーへの提供停止へ 規制があやふや

米仮想通貨取引所大手ポロニエックス(Poloniex)は、米国拠点の顧客に対し、9種類のコインの提供を停止する。規制が不明瞭なためとしている。5月16日に公開されたブログで明らかになった。

提供停止は5月29日から実施される予定で、対象のコインは、アルド(ARDR)、バイトコイン(BCN)、デクレット(DCR)、ゲームクレジット(GAME)、ガス(GAS)、リスク(LSK)、ネクスト(NXT)、オムニレイヤー(OMNI)、オーガー(REP)の9種類

なお、米国外の顧客に対しては引き続き提供される

ポロニエックスは、米国のあいまいな規制環境に動機づけられて決定したとしている。「具体的には、米国の規制当局がこういった資産を証券と判断するのか確信するのは可能ではない」と述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版