ニューヨークタイムズがブロックチェーン採用か 求人掲載も数時間で削除される

ニューヨーク・タイムズがブロックチェーン技術の採用を検討していることがホームページの求人から明らかになった

米国の有力紙ニューヨーク・タイムズは、出版社向けにブロックチェーンを基盤にしたPoC(概念実証)のデザイン作りができるリーダーを募集。12カ月の契約で、他には「プロジェクトのビジョンの成文化」、「我々が注力する問題について簡潔に描写」、「ソーシャルメディア企業、学術関係者、報道機関出身のアドバイザー名簿の作成」などが職務として書かれている。

執筆時点では、この求人はニューヨーク・タイムズのホームページから削除されている。

 

ただ転職サイトのIndeedなどからは、求人の内容が未だに掲載されている。

ブロックチェーンを使ったメディアとしてはシビルが有名。シビルは、独立したジャーナリズムのためのコミュニティプラットフォームを目指している。独自の仮想通貨CVLトークン発行することで、ファイナンスの持続可能性を提供し、ジャーナリズムへの信頼を向上させることが狙いだ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 New York Times Posts ‘Blockchain Exploration’ Job Listing, Removes It Hours Later