ライトコイン財団、仮想通貨デビッドカード発行計画を発表

ライトコイン財団は17日、仮想通貨のデビットカードを発行する計画を明らかにした

ライトコイン財団は、取引所のビボックス・エクスチェンジとブロックチェーン企業のターニオと提携して仮想通貨のデビットカードを発行する。これは「ブロックカード」と呼ばれており、オンライン・オフライン(実店舗)で仮想通貨の決済が可能になる。

ビボックスは、利用者の資金のカストディアンとしての役割を果たす。ターニオは、プラットフォームを提供する。またデビットカードは、ビットボックスの取引所機能とライトコインの公式ウォレット「ローフウォレット」と直接統合される。

仮想通貨デビッドカード発行の動きは既に出ている。

先日、米国の仮想通貨取引所コインベースは、VISAのデビッドカードを6カ国で発行しことを発表した

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版