仮想通貨取引所バイナンス、米ドル連動型のステーブルコインを開発 パクソスと提携

仮想通貨取引所大手のバイナンスが、独自のステーブルコイン「バイナンスUSD(BUSD)」を開発している。コインテレグラフに共有されたプレスリリースから明らかになった。

バイナンスは、すでにステーブルコインを発行するパクソスと提携。バイナンスUSDは米ドルと1対1で連動する形のステーブルコインで、すでにニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受けた

バイナンスUSDは、Binance.comでビットコイン(BTC)やバイナンスコイン(BNB)、リップル(XRP)と取引可能になる。

仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、次のように歓迎した。

「BUSDの発行により、ブロックチェーンのエコシステムでより多くの金融サービスを提供したい。ステーブルなデジタル資産の力を使ってより多くの利用ケースを生み出したい」

バイナンスUSDの立ち上げ日は分かっていない。

バイナンスは先日、仮想通貨リブラの地域版「ヴィーナス」の立ち上げ計画を発表した

【関連記事:バイナンス、フェイスブックのリブラに対抗した地域版仮想通貨「ヴィーナス」を発表

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版