ペイパルCEO、仮想通貨のボラティリティ改善に期待

 ペイパルのジョン・レイニーCEOは16日、米放送局CNBCのインタビュー中、ペイパル利用業者は、デジタル通貨には、さほど興味がないと発言した。仮想通貨のボラティリティが、ジネスに影響する可能性があるからだ。

 「あなたが小売業者で、商品の利益率が10%だとしよう。それをビットコイン決済で受けつける。次の日、価格は15%動く。そしてあなたはトランザクションの水面下に埋もれる。もし将来、通貨が安定しより良いものになったら、我々は必ずサポートするだろう」

 ペイパルは3月、仮想通貨の処理時間を短縮することを目的とした特許を申請している。これが商業規模で展開されれば、事業者と購入者はオフチェーンで即座に決済でき、手数料や長いトランザクションの承認過程を削減することができる。

 2018年第1四半期のデータによると、ペイパルのアクティブアカウント数は2万3700あり、決済量は前年同期から300億ドル増加の1320億ドルにおよぶ。

  • フォローはこちら: