米Kxシステムズ、FX取引プラットフォームが仮想通貨に対応 顧客には大手銀行も

 ソフトウェア開発会社のKxシステムズが、同社のホワイトレーベルFX取引プラットフォームであるKxフォー・フローで、仮想通貨取引を開始する。同社が5月14日のブログ記事で発表した。本日からKxフォー・フローの顧客は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の現物取引を行うことができる。

 米国を拠点とするKxシステムズは、実績あるソフトウェア会社で、顧客にはグローバルな投資銀行グループであるゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー、ヘッジファンドのGSAキャピタル・パートナーズなどが名を連ねる。Kxシステムズはまた、特許を持つプログラム言語KとQを商品化している。

 HTML5のFX取引プラットフォームであるKxフォー・フローは、顧客が流動性プールを作成したり、市場やクライアント向けに価格情報を発表したりするためのものだ。同プラットフォームは、銀行、ノンデリバラブル・フォワード、貴金属、差金決済などの流動性ソースによる取引が可能だが、今回それに仮想通貨が加わったことになる。

 Kx社のFXソリューシӣ