仮想通貨イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」 1ヶ月遅れる見通し

イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」がテストネットで実行される日が、9月4日から10月2日まで延期された。開発者の会合でイーサリアム財団のハドソン・ジェームソン氏が発言した。

我々は、10月2日頃と推定されるブロック番号を選んだ(中略)これからブロックがどのくらいのスピードで生成されるかにも依存するので、1日か2日早まったり遅まったりするかもしれない」

具体的にどのブロック番号かは明らかになっていない。

遅れの要因は、EIP(イーサリアム改善提案)の受け入れが遅れていることだ。これによりインスタンブールのメインネット立ち上げも11月にずれ込む見通しだ。

すでにイーサリアムの大型クライアント「パリティ」による対応の遅れから、イスタンブールの実行日は遅れると報じられていた

【関連記事:イーサリアムの次期アップデート「イスタンブール」、開発企業パリティの遅延で遅れ 「10月は不可能」との声も

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版