カナダのベンチャーキャピタル、フィンテック・スタートアップ投資向けに350億円調達【ニュース】

カナダのベンチャーキャピタルPortage3ベンチャーズは、世界のフィンテックスタートアップ向けに、機関投資家などから約3億2000万ドル(約350億円)の投資資金を調達した。テッククランチが12月3日に報じた

Portage3は、同資金で、カナダ、米国、欧州、アジア太平洋地域を対象に、フィンテック関連スタートアップらの投資を行う

同社のアダム・フェレスキーCEOは、「カナダの拠点からグローバルチャンピオンを構築すること」がミッションだと話す。

また、現実に即したポリシー変更などを理由に、起業間もないユニコーンの多くが欧州を拠点としている。カナダはこういった例から学ぶべきで、力強いエコシステムの構築を時間がかかっても確実に実施していくとも話した。

今回出資したのは、オルタネイティブ・セービングス、クレディ・ユニオン、アビバ・フランス、BDCキャピタル、ケベック州投資信託銀行、CNPアシュアランス、ザ・コオペレーターズ、エルドリッジ・インダストリーズ、グリーン・シールド・カナダなどだ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン