米アマゾン 法人向けブロックチェーンサービス展開に本腰 今度は2製品を同時リリース

IT業界の巨人、米アマゾンによるブロックチェーン分野の動きが活発化している。今度は二つのブロックチェーン関連サービスの同時リリースだ。

アマゾンが今回発表したのは「アマゾン・クオンタム・レジャー・データベース(Amazon Quantum Ledger Database・QLDB)」、および「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain)」だ。コインテレグラフが11月28日に受け取ったプレスリリースから分かった。

QLDBは透明性と不変性を備え、暗号的に検証可能な取引記録を提供できるよう設計された台帳データベースだ。信頼された中央機関が取引記録の管理を行う。全ての変更はチェーン上に記録されるという。同製品は自動的なスケーリングが可能で、既存製品の2~3倍の取引を実行できるとされている。

アマゾンウェブサービス(AWS)のアンディー・ジャシーCEOは、同製品が「非常にスケーラブルであり、これまでより遥かに高い柔軟性と安定性を備えたAPI [アプリケーション・プログラム・インタフェース] を使って、台帳データベースへのあらゆる変更や調整を行うことができる」と述べている

公式サイトによると「QLDBではデータの変更履歴が不変性をもつ。すなわち、変更することも削除することもできない。暗号理論を活用することで、アプリケーションのデータに対して意図しない変更が行われていないことを、容易に検証することができる

QLDBに加え、アマゾンは今回、AWSマネージド・ブロックチェーンと呼ばれる製品を発表。QLDBと連携した動作が可能で、利用者はスケーラブルなブロックチェーンネットワークの調整と管理を行うことができる。同製品は個別のアプリケーションのニーズに応じて自動的にスケーリングするとされ、証明書の管理、ネットワークへの新しい利用者の招待、コンピュータのメモリ・ストレージリソースや使用率といった情報の追跡を行う場面に投入される。

アマゾンは今月前半にも、デジタル署名の整合性を保護する手法と、分散型データストレージの改善手法に関連する2つの特許を取得している。前者の特許は「デジタル署名と暗号化通信の整合性を保護する」ことを目的とする、「署名委託(signature delegation)」の手法が記されている。後者の特許では、分散型データストレージ向けの「グリッドエンコーディング技術」が提案されている。この技術は、収集した「シャード(shards)」のグループを使用することで実現している。シャードとは、各グリッドに保管されたデータ項目の論理的な分布を表すものだ。

また、AWSとコンセンシス傘下のブロックチェーンスタートアップ、カレイド(Kaleido)は今月、「カレイドマーケットプレイス(Kaleido Marketplace)」の名でフルスタックプラットフォームをローンチしている。これにより、企業によるブロックチェーンソリューションの実装支援を行う。同プラットフォームはブロックチェーンプロジェクトの構築に必要な「自前コードを80パーセント削減する」ことができるという。これを可能にするため、バックエンド開発からフロントエンドアプリのユーザーインターフェースまでのニーズをカバーする「プラグアンドプレイ」型のフルスタックツールとプロトコル一式が提供される。