アリペイ運営のアントフィナンシャル、企業向けブロックチェーンプラットフォームのテスト開始【ニュース】

中国のEC巨人アリババの傘下で、アリペイを展開するアントフィナンシャルは、エンタープライズ向けのブロックチェーンプラットフォームのテストを開始した。中国メディアの新浪財経などが報じた。

現地の報道によると、アントフィナンシャルのテクノロジー・ビジネスイノベーション担当シニアディレクターであるジエリ・リー(Jieli Li)氏が、中国で開催されたブロックチェーンサミットで発表した。

リー氏によれば、このプラットフォームはアント・ブロックチェーン・オープンアライアンスといい、3ヶ月のテスト期間を経た後、本稼働する予定だ。同プラットフォームでは、クロスボーダー送金やサプライチェーン管理などを行う。中小企業をサポートすることが目的であり、コスト削減効果が期待できるとしている。

アントフィナンシャルは今年9月、独製薬大手バイエルと提携し、食品および農作物向けのブロックチェーンソリューションを開発することを発表している

アリババは、ブロックチェーンに積極的なことで知られる。同社はブロックチェーン関連の特許を積極的に取得しており、今年5月時点で260件以上の特許を申請している

【関連記事:アリペイ運営のアント・フィナンシャル、独製薬大手バイエルと連携 農作物業界向けブロックチェーン開発へ

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン