ブラジルでブロックチェーン技術のみで手続きした出生証明書が初めて登録される

役所の事務所を必要とせずにブロックチェーン技術のみで出生証明書を登録した初めての事例がブラジルで確認された。コインテレグラフ・ブラジル版が1日に報じた

報道によると、IBMと提携するグローステック社が開発する仮想公証人サービスである「ノタリー・レジャース」プラットフォームを使用して登録手続きを行った。

父親によると、出生登録にかかった時間は5分ほどで終わったという。

ラテンアメリカのIBMブロックチェーン部門のリーダーであるカルロス・リスシオト氏によると、「ノタリー・レジャース」を使った子どもの登録方法には3段階あり、最初に病院が作成した生年月日、次にが両親がプラットフォーム上でデジタルIDを作成、最後に情報が公証人役場に送信され、証明書が発行される。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版