米ヤフーファイナンスの仮想通貨売買機能、当面はiOSアプリのみ

 米ヤフーファイナンスでの仮想通貨売買機能について、ヤフーファイナンスはコインテレグラフの取材に応え、仮想通貨の売買ができる機能はiOSアプリ上でのみ利用可能だと語った。

 コインテレグラフは30日、ヤフーファイナンスのプラットフォーム上でビットコインやイーサリアムの売買ができるようになったと伝えた。ウェブサイト上に「買う」「売る」といったボタンが実装されていた。だが、そのボタンは翌日には消えてしまっていた。

 この件に関して、ヤフーファイナンスの広報担当者は次のように説明している。

「ローンチはiOSアプリのみです。(iOSアプリ上では)それはまた利用可能で、表示されています。デスクトップ、モバイルサイト、アンドロイドについては今後数週間で利用可能になる予定です」

 ヤフー側は、なぜデスクトップのサイトで売買のオプションが表示されたのかについては説明しなかった。

 8月30日に発表したプレスリリースによると、仮想通貨をヤフーファイナンス上で取引したいユーザーは、Tradeitサービスを通じて売買を行うことになる。

「今週のiOSアプリでローンチしたこの新機能は、私たちたちのパートナーであるTradeitとの統合を通じてアカウントをリンクさせることで、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ドージコインなど様々な仮想通貨の売買が可能になります。デスクトップ、アンドロイド、モバイルウェブについても近日に登場する予定です」

Mobile