ハードフォーク前に急上昇の仮想通貨イーサリアム 「噂で買ってニュースで売れ」との見方も|コインチェックやコインベースは対応を発表

仮想通貨イーサリアム(ETH)のハードフォーク「コンスタンチノープル」が推定で日本時間の17日に行われることを受けて、国内外の仮想通貨取引所が相次いで方針を発表している。より効率の良いアルゴリズムへの一歩と見られる今回のハードフォークだが、米国の格付け会社からは「噂で買ってニュースで売れ」の典型的なケースだいう見方も出ている。

コンスタンチノープル 

今回のハードフォークは、第708万ブロック以降に適用され、以前のブロックから分岐する。イーサリアムコミュニティ内の多くがコンスタンチノープルを支持しているため、ビットコインキャッシュ(BCH)の時のように混乱は起きず、新たな仮想通貨は生まれないと見られている。

ただ理論上、アップグレード前のイーサハッシュを好む新たな仮想通貨が誕生する可能性もある。実際、コンスタンチノープルでは、1ブロックあたりの報酬を3ETHから2ETHに削られるため、以前のブロックに残るインセンティブがない訳ではない。

コンスタンチノープルを受けてコインチェックは15日、ハードフォークの1時間前を目安にETHの入出金を一時停止する予定と発表した。

また、米国の仮想通貨取引所コインベースとクラーケンは14日、コンスタンチノープルを支持すると表明。以前、バイナンス、フォビ、OKExは、事態を注意深く監視すると表明していた。

「コインベースは、コンスタンチノープル・イーサリアム (ETH)のアップグレードを支持する」

またコインベース は、「アップグレードの際、セキュリティと技術面での理由から、アップグレードが完了し、安全性を確認するまで、ETHの入出金を一時的に停止する」と続けた。

一方、クラーケンは、次のようにツイートした。

「クラーケンはこれを支持する。これは議論の呼ぶフォークになるとは考えていない新たなコインがETH保有者に与えられることはないし、古いチェーンはすぐに使われなくなるだろう

「噂で買ってニュースで売れ」

イーサリアムのPoW(プルーフオブワーク)からエネルギー効率の良いPoS(プルーフオブステーク)への移行に向けた一歩と見られるコンスタンチノープル。大手取引所が相次いでサポート体制を発表したことも好感してか、仮想通貨イーサリアム(ETH)の価格は過去24時間で8%以上上昇している。

(引用元:TradingView 「イーサリアム (ETH)/米ドル(1日)」)

ただ、米格付け会社のWeiss Rating(ウェイス・レーティング)は15日、「噂で買ってニュースで売れ」の典型的なケースだと冷ややかな見方を示した。

「ETHのコンスタンチノープル・ハードフォークとネットワークのアップグレードが水曜日に行われる。残念ながら、ETHが失われた栄光を取り戻すことはないだろう。これは「噂で買ってニュースで売れ」の典型的なケースだ」

コンスタンチノープルはイーサリアムにとって進化なのかどうか。投資家も難しい判断を迫られることになりそうだ。

ハードフォークとは、仮想通貨のシステムを変更する手段の一つ。ある仮想通貨が新型通貨と旧型通貨へと完全に互換性のない別々の仮想通貨に分裂(フォーク)することにより、システム変更を達成すること。ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークし誕生した、まったく別の仮想通貨として有名。

仮想通貨用語集