中国規制当局 テンセント、アリババ、バイドゥなど197のブロックチェーン企業を承認

中国サイバースペース管理局は3月30日、197社の登録済みブロックチェーンサービス提供事業者のリストを公表した

バイドゥブロックチェーンエンジン、アリババクラウドブロックチェーン、テンセントBaaS、Eコマース大手JDドットコムが所有するBaaSプラットフォームなど、中国のインターネット大手による取り組みがリストに表示されている。浙商銀行や平安保険などの金融機関もリストに含まれている。

Baasは、Blockchain-as-a-Serviceの略で、ブロックチェーンを利用したクラウドサービス。

また仮想通貨業界からは、ブロックチェーン対応のサプライチェーン管理サービスVeChainや宅配サービスParcelXなど、もリストに載っている。

報道によれば、中国のサイバースペース管理局は、登録を必要とする他の事業者についても調査しており、申請手続きを完了していない機関および個人に対して速やかな申請を促しているという。

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版
原文 Chinese Regulator Approves First 197 Blockchain Firms, Including Tencent, Alibaba, Baidu