中国ファーウェイ、サービスとしてのブロックチェーンを新たに発表

 中国情報通信大手のファーウェイは17日、最新のハイパーレッジャーのブロックチェーンを発表した。このサービスとしてのブロックチェーン(BaaS)は、明らかに地味なブロックチェーンサービスとして知られるだろう。今回の発表の一ヶ月前に同社は、ブロックチェーンの性能をテストするツール「キャリパー(Caliper)」をハイパーレッジャーと共同で発表している。

 スマートコントラクトの開発に注力するファーウェイのブロックチェーン・サービスは、パフォーマンスが高く、汎用性が高く、セキュリティの高い、企業や開発者向けのブロックチェーン技術プラットフォームだ。企業や開発者による開発を助け、ファーウェイ・クラウドに費用効果的に迅速に配備する。

 ハイパーレッジャーはオープンソースのブロックチェーン運営コミュニティで、リナックスにより2015年に設立された。開始以来、主要企業100社以上と協力し、多くの提携が行われている。

 ファーウェイは、ブロックチェーン領域において、中国の大手インターネット企業テンセントやJD.comの先を行くよう事業を進めているようだ。17年5月にキャリパーを開始して以来、ファーウェイはハイパーレッジャーの主要なスポンサーだ。

 中国インターネット大手バイドゥ(百度)もまた、昨年10月にハイパーレッジャーに参加している。今月初旬には画像の著作権を保護するブロックチェーンのプラットフォームを発表している

  • フォローはこちら: