仮想通貨ビットコインと人民元、記録的な逆相関関係 やはり仮説通りの展開だったか

今週、ビットコインと中国の人民元の相関関係が記録的な逆相関となった。6日のブルームバーグが報じた。投資家が人民元の下落に対するリスクヘッジとしてビットコインを買っているようだ。

Bitcoin/CNY correlation chart

(出典: Bloomberg 「ビットコインと人民元の相関関係」)

ビットコインと人民元の相関係数は、今週、マイナス0.6を下回って過去最低を記録。相関係数は1から−1で示され、1は完全な正の相関、−1は完全な負の相関を指す。

米中貿易戦争が激化する中、人民元は急落。一方でビットコインが買われていたことがデータを通して浮き彫りとなった。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスのギャリック・ヒルマン博士は、「アジアの人々は人民元が下がるなか、他の資産ではなくビットコインに注目したようだ」と解説。「主に中国人向けにサービスを手がけるフォビのような取引所で、ビットコインに対してプレミアムが支払われていたことも観察された」と指摘した。

100倍レバレッジが人気の仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、今年5月、人民元安でビットコインの「壮大な」強気相場が始まると予想している

【関連記事:仮想通貨取引所ビットメックスのヘイズCEO、人民元安でビットコインの「壮大な」強気相場が始まると予想

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版