昨年の安値から1年迎えた仮想通貨ビットコインは下がり続けるのか?【仮想通貨相場】

ビットコインが3200ドルの安値を迎えた2018年12月15日から1年。ビットコインは軟調な動きを示しているものの、今年16日時点では7000ドル台を推移し、昨年から2倍以上の価格を付けている。

コイン360

(出典:Coin360)

今後の価格については様々な予想が出ている。強気相場に転換したことを示すにはflibflib氏は、7600ドルのレジスタンスを突破することが重要になると指摘。先週末には7400ドルのトライとしていたが、相場は下落した。

同氏が指摘していた通り、移動平均線をもとに分析するMACD(移動平均収束拡散手法)ではマイナスとなっていたため、今後は弱気相場が短期的には続きそうだ。

スキューもプットオプションが過去2日間で25%近くまで落ち込むという以上な割合を指摘。市場が弱気になっている可能性を指摘している。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Unusual proportion of puts trading in last two days on <a href="https://twitter.com/DeribitExchange?ref_src=twsrc%5Etfw">@DeribitExchange</a> <br><br>Market bearish? <a href="https://t.co/9wK0Bs9dVD">pic.twitter.com/9wK0Bs9dVD</a></p>&mdash; skew (@skewdotcom) <a href="https://twitter.com/skewdotcom/status/1206503541839482882?ref_src=twsrc%5Etfw">December 16, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>