半導体大手AMD、仮想通貨マイナーからの需要減に「ダメージ大きい」

米半導体メーカー大手AMDで、仮想通貨を採掘するマイナー向けのグラフィックカードの売上が激しく落ち込んでいる。AMDが24日に発表した

同社の発表によれば、第3四半期における仮想通貨関連GPUの売上は、総売上のわずか「1桁台後半」だったという。今年初旬は収益の伸びを観測していたものの、結果としてコンピューティング/グラフィック製品の売上は第2四半期から14%も落ち込んだ。

仮想通貨マイナーからの需要は今後も減り続ける見込みで、AMDは「仮想通貨市場は安定さに欠けており、売上への打撃が大きい」とコメントしている。

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!