やはり上値の重いビットコイン。この週末は何があった?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

米朝首脳会談は売り材料?

週末のBTC相場は上に行って来いの展開。150万円手前から110万円台に急落後、135万円近くまで反発するも110万円台に値を戻している。年初来最高値を付けた後、25%の反落を見せていたBTC相場だが、111万円で反発するとGSが独自通貨発行を検討しているとの報道や本邦交換業業者への業務改善命令解除などもあり130万円台に値を戻した。しかし、この水準で上値を重くすると、米大統領が突如米朝首脳会談を提案した事もあり125万円台に急落した。このところ逃避資産的な買いが強かった事もあり、緊張緩和は売り材料と見られたか。注目の米中首脳会談は予想通り米追加関税見送りと貿易戦争の一時休戦で合意されたが、事前に報道されていたせいか若干Buy the Fact的な動きで130万円台に乗せた。しかし、この水準で上値を重くすると、米朝首脳会談が実現した事もあり110万円台に反落を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。