再び7500ドルで膠着したビットコイン、ブレークは上か下か【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨相場

Review

7500ドル回復

週末のBTC相場は底堅い展開。ジリジリと値を戻したが、上値も重く、結局、7500ドルを挟んでのもみ合い推移となっている。先週、一時78.5万円のサポートを割り込むも、そこから84万円までのショートカバーを見せたBTC相場だが、その後77万円台まで値を下げるも下値警戒感が根強く下げ渋る展開。そうした中、金曜日にSECがCMEのBTC先物の投資家向けファンドを承認したと伝わるとジリジリ値を上げ始めた。注目の米雇用統計は思いのほか強く、長期金利上昇、ドル買いで金価格などは急落したが、BTC相場はむしろ米株の上昇を好感したか80万円台を回復した。更にクドローNEC委員長が米中合意に前向きな発言をすると上値を重くしていた7500ドルを超え日本円で82万円台に乗せてきた。しかし、目立った材料のない中、7500ドルのオプションストライクの影響を受けると値を下げたが、イスタンブールの成功や香港デモの影響もあってか値を戻している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。