仮想通貨ビットコインのマイニング電力で効率化進む 統計情報サイトが年間電力消費量を公開

ドイツの統計情報サイト「スタティスタ(Statista)」において、仮想通貨ビットコインのマイニングにおける年間エネルギー消費量が2019年9月5日に公開された。2017年3月から2019年7月までの推移がグラフ2019年7月時点の年間エネルギー消費量は69.79テラワット時だった。

出典:スタティスタ(Statista)仮想通貨ビットコインのマイニングにおける年間エネルギー消費量(2017年3月から2019年7月まで)

同グラフの2018年7月におけるエネルギー消費量は71.12テラワット時と、大きく変わらない印象を受けるものの、ハッシュレートを考慮すると違う側面が見えてくる。

(多少時期はずれるが)2019年8月20日現在、BTCマイニングにおける計算力を示すハッシュレートが毎秒8250万テラハッシュ(TH / s)を突破し、過去最高値を更新。2018年8月時点のハッシュレートは、毎秒6200京ハッシュ(62エクサハッシュ= 6200万テラハッシュ)だった。2018年8月は、2019年8月の約75%ほどのハッシュレートにすぎず、1年間で効率化が進んだ可能性がうかがえる。

ハッシュレートの最高記録は毎月更新されている状態にあり、既報の通り 9月に入り毎秒8700万万テラハッシュ(9月3日現在)となった。

翻訳・編集コインテレグラフ日本版