ドープコイン

ドープコインは、2014年に生み出された分散型のデジタル通貨および支払いシステムである。開発者たちはドープコインの使命を「マリファナ愛好家が21世紀に現代的で安全にビジネスを行う方法を提供する」ための試みと定義している。ドープコインは、マリファナが違法な州や国でも業務を行なっているためにマリファナの販売者に協力することに積極的でない銀行の問題を解決しようとしている。さらにディーラーが、賄賂や支払いを含むことの多いマネーを移動、保管することについて心配しなくて済むようにするのにも一役買う。ドープコインには、合計で2億DOPEが存在する。プルーフ・オブ・ステークアルゴリズムで運営され、保有者に年間5%のステーキング利子が与えられる。DOPEというティッカーシンボルはそのままで、通貨名はドープコインと改められた。古いコインは2018年2月1日以降すべて価値がなくなり、チームは現在、通貨を改善するために新しい機能を追加しようと計画している。