オーロラコイン ニュース

オーロラコインの最新ニュース | Cointelegraph

オーロラコインはアイスランドで開発されたP2Pの仮想通貨であり、政府がアイスランド国外へのクローナの持ち出しに厳しい規制を敷いていることから、これを回避することを目的に設計された。AURは国家を基盤として開発された初の仮想通貨であると説明されており、アイスランドの全国民に配布されることを目的としていた。オーロラコインは当初、ライトコインのコアを元にしていたが、2016年にコードベースが変更された。この仮想通貨は国の通貨や国の銀行制度に依存しておらず、いかなる規制の対象にもなっていない。ただし、政府は開発者にアイスランドのデータベースへのアクセス権を提供することで、この仮想通貨の設立を援助した。オーロラコインの50%は「エアドロップ」されており、その対象となったのはアイスランドの国民識別番号データベースに登録されている全国民のうち、仮想通貨に対する権利を主張した者 である。主張がなされなかった採掘前のコインはアクセス不可とされるか、「焼却」された。オーロラコインの供給量は一定となっており、このことはインフレを防ぐために役立っている。またオーロラコインはどこにでも送金することができ、取引はランダム生成されたアドレスにより安全かつ匿名で行うことができる。