パートナーシップ News

  • カナダ、オーストラリア、ヨーロッパの5万店舗以上の加盟店でビットコインの即時現金購入が可能に

    by 山村 賢太郎

    現在、Bititは、Neosurfや10万店舗以上の地方の店舗や、ビットコインスタートアップなどと提携しており、今やそのネットワークは15万店舗にまで広がっている。 今回、分散型ネットワークのスペシャリストであり、カナダとオーストラリア国内における1万5,000店舗以上のコンビニエンスストアでビットコインの現金購入サービスを展開するFlexpinと提携したことで、パリに拠点を置く5つの企業にとっての新たなステージの幕開けとなった。

    408
  • Synereoがシリコンバレーに拠点を置くNFX Guildと提携し、分散型アプリケーションの促進へ

    by 山村 賢太郎

    以前からイーサリアムの開発者たちなどによって予言されていた世界初の分散型”世界コンピューター”のプロトタイプの製造に成功したという、イスラエルに拠点を置くスタートアップによる分散型ウェブプラットフォームのアイディアが、プロジェクトに興味を示したとあるシリコンバレーの企業によって少し前進したようだ。 企業がネットワークやマーケットを席巻するアプローチや内部戦術を学ぶための教育を行うメンター主導のスタートアップ・アクセラレータNFX Guildが、Synereoと提携を結ぶ。

    262
  • ビットコイン取引所BitstampとハードウォレットメーカーTrezorが新たなパートナーシップを締結

    by Evander Smart

    ビットコインの世界は、まだそのエコシステムが”早期導入”の成長過程の真下にあるため、威圧的で、不便で、支離滅裂に見えることもあるかもしれない。ビットコインの利用者はビットコインのセキュリティと利便性の向上を望んでいるため、半年ごとに新しい製品を試すよりは、名の知れた信頼のできる製品を好むことが多い。先日、ビットコイン業界でその名を確立しているBitstampとTrezorが、双方の顧客ベースの成長率を今まで以上に迅速かつ容易に増加させるべく、新たなパートナーシップを締結している。

    342
  • 2016年のトレンド―ブロックチェーンにおける戦略的パートナーシップ

    by Iyke Aru

    過去数か月に及び、ブロックチェーンのエコシステムにとってはパートナーシップを結び企業と連携していくための 季節であり、技術の発展、変化や急速な進化、妥当性や成熟を求めていくことが重要なファクターであった。 新たなパートナーシップや戦略的な公約を結んだというニュースに暗号ユーザーも目を覚ますというようなこともしばしばあったのではないだろうか。2016年はそういった年になるのだろうか?そこにはどのような要因があるのだろうか?

    223
  • DAOの力―Bitwageがついにイーサーでの給料支給を開始

    by Iyke Aru

    Upholdが最近給与支払いサービスであるBitwageと新しく提携を結んだと発表し、ユーザーは今後給料の支払いをイーサーで受けることが可能になる。 コインテレグラフはBitwage社長、Jonathan Chester氏に詳しく話を伺った。 イーサーは新しい今最もホットな暗号通貨の一つとして世界中の起業家や投機家から熱い注目を集めている。イーサリアムブロックチェーンを基にしているイーサーは、時価総額10億ドルをマーク。同社は既に業界で1億ドル以上の資金調達に成功している。 多くがイーサリアムには自律分散型組織 (人間の代わりに機械によって運営される組織) を広めるポテンシャルがあると信じている。こういったビジョンを持つ人々は、イーサリアム期待をよせ、ムーブメントに参加するべく積極的にイーサーを集め所有している。

    200