BTCNEXT取引所のBNXコインに注目すべき理由

トランプ大統領、フェイスブック、連邦準備銀行にはどんな共通点があるだろうか?取りとめのない質問に聞こえるかもしれないが、真面目に答えると、この三者全てが仮想通貨について意見を述べている。ドナルド・トランプ大統領は最近のツイートで「ビットコイン、Facebookが計画中のリブラ、その他の仮想通貨について、自分はその熱烈なファンではない」と打ち明けている。とは言え、実際に重要なのは彼がそれまで公の場において、ブロックチェーンベースの通貨に対する自分の意見を述べることや、少なくとも何らかの発言をすることを避けてきたという点だ。

仮想通貨コミュニティは「実績がアンロックされた!」と瞬時に反応した。筆者は数年前、現職の米大統領が仮想通貨の利用増加に反応しなければならなくなることを夢見ていた。コインベースのブライアン・アームストロングCEOは次のように述べた。「『人々はまずあなたたちを無視し、次に嘲笑い、そして戦いを挑み、やがてあなたたちが勝利する』。私たちはちょうど第3段階まで来ている」。

しかし、フェイスブックのリブラにとってその状況は何の助けにもならなかった。米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、リブラと呼ばれるデジタル通貨を開発するフェイスブックの計画は重大な懸念点に対処しない限り、「前に進められない」と述べた。このコメントは計画に対する圧力となった。このニュースを背景として、大多数のデジタル通貨が急落を経験した。世界で最もよく知られているデジタルコインのビットコインは12%下落しておよそ11450ドルとなった。その他のデジタルトークンも落ち込んでおり、XRPはおよそ8%の下落、ライトコインは5%を超える下落となった。

しかし、価格に変化がなかったどころか、上昇すらしたアルトコインもあった。取引所コインである。もっと正確に言えば、バイナンスコインは過去数日間に7.6%上昇し、フォビトークンは5%以上の値上がりとなった。だが、最も驚異的な数字を達成したのはBTCNEXTのBNXコインだった。数か月の間になんと1000%以上も上昇したのだ!

取引所コインが他の仮想通貨とは同じ道を辿らず、特別なものになっている原因は何なのだろうか?

まず第一に、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインといった上位コインの大半が「価値の保存」のような役目を果たす一方、取引所コインは他のあらゆる仮想通貨トークン同士をつなぐ橋として振る舞う。結果として、取引所トークンは市場心理と同程度の相関関係を示さない。

第二に、セキュリティトークンは使用性の欠如と、それに続いて起きる需要とが引き起こす変動性の高さで知られている。コインの数がマイニング可能なコイン数の制限による飽和点へと近づくにつれ、最終的に価格が停滞することはあり得る。だが、その時時点までは保有者もトークンで高い利益を得ることを切望するはずだ。取引所コインはどうかと言うと、コイン数の限度の有無にかかわらず、それを支える人々は買い戻しを計画する。これがコイン価格の上昇を後押しし、結果として本質的なデフレ圧力をもたらす。

ところで、BTCNEXT取引所は最近、4月1日~7月1日の期間にBNXコインの最初のバーンを実施した。同取引所は合計で50000000BNXをバーンした。これはおよそ9250BTCまたは105450000米ドルに相当する。

全BNXの50%に達するまで、四半期ごとのBNXトークンの処分が計画されている。BTCNEXTは最終的に2億5000万BNXを処分し、2億5000万BNXを残すことになる。BNX保有者はこのトークンをあらゆる両替、上場、取引、その他の手数料の支払いに利用できる。BNXで手数料を支払うことで、所有者は最大で50%というかなりの金額の割引を受ける。この取引所チームがユニークなボーナス制度を開発したのは、エンジェルと呼ばれる大口トレーダーのためだ。BNXの所有者は毎週一定のトークンを受け取り、さまざまなくじ引きでの当選確率もアップする。また、エアドロップでコインを獲得しあり、今後のあらゆるIEOに関する情報を入手したり、BTCNEXTのアカデミーコースを利用したり、他にも多くのメリットがある。

したがって、下げ相場にもかかわらず、このような仮想通貨取引所による仮想通貨全般、中でもBNXトークンが良い成果を出してきたのは当然だ。近い将来でも同様の市場心理が続いていくことは間違いない。そういった理由から、取引所コインから注意の目をそらなさいことをおすすめする。

BTCNEXTについて

次世代型の現物取引および信用取引プラットフォームのBTCNEXT取引所はプラチナQ DAOエンジニアリングが開発している。プラチナQ DAOエンジニアリングはプラチナQ DAO ファミリーエコシステムのステーブルコインである「USDQ」と「KRWQ」も市場に投入することで、担保化による最先端かつ革新的なソリューションを目指している。

USDQとKRWQをユニークなものにしている側面の一つはこれらのステーブルコインが分散化されていることだ。あらゆるQ DAOファミリーステーブルコインはビットコインを仮想通貨担保とすることでその価値を裏付けている。これはテザー(USDT)の場合のような、ドル紙幣を保有する中央権力の代わりとなる。

投資家の資金を保護するために、BTCNEXTの開発者たちは300以上のセキュリティ対策を導入してきた。近い将来、ユーザーはビットコイン、イーサリアム、ライトコインを含む100種類以上のトークンを取引できるようになる。

BTCNEXTに関するさらに詳細な情報を知るためには、公式ウェブサイトにアクセスし、ツイッターインスタグラムテレグラムフェイスブックMediumLinkedInでBTCNEXTをフォローすることをおすすめする。