仮想通貨投資2019:BTCネクスト上場のUSDQ、Q DAOトークンに注目すべき理由とは?次に来るKRWQとJPYQをポートフォリオに!

Teethat Rinchai氏は、プラチナQ DAOエンジニアリングで品質保証(QA:Quality Assurance)アナリストとして働いている。同社はUSDQやKRWQといった、ビットコインを証拠金取引やヘッジのために担保化することを容易する完全分散管理されたステーブルコインを開発した。

ここ3年間で、同社は仮想通貨上場のブローカー最大手へ成長。300以上のプロジェクトを有力取引所に上場させ、70を超えるプロジェクトのマーケットメイクのサポートに携わった。

プラチナSTO/ICO資金調達ダッシュボードとトークン化プラットフォームは30以上のプロジェクトがインストールしている。そして、3億5,000万ドルを超える資金調達に貢献した。

プラチナQ DAOエンジニアリングでは、多種多様な製品開発が行われている:

BTCネクストは、トレーダーがトレーダーのために設立した最も安全で、コンプライアンス体制の確立された取引所。

そして、分散型ステーブルコインであるKRWQ, USDQ, JPYQ, CNYW(Maker DAOに次ぐ第二のステーブルコイン)。

この記事を通して、現在、画期的なステーブルコインに訪れる分散化の波を感じ取ってもらいたい。

次に上昇の見られるトークンが何なのか、ふと考えたことは誰にでもあるだろう。もし、ネットで調べようものなら、どのトークンが上昇するか、その理由について、無数の回答に直面することになる。どれもが仮想通貨のエキスパートのように見えるが、見知らぬ意見を頼りにするのは得策ではない。あなたの時間とお金をかける価値に十分見合う仮想通貨プロジェクトがどれかを知りたいのであれば、事実のみを頼りにする必要がある。

プラチナQ DAOエンジニアリングは、 ICO/ IEO/ STOの開発宣伝エイジェンシーとして、100近い異なる仮想通貨・ブロックチェーン関連のビジネスプランを評価しなければならない状況にあった。同社は複雑で厳格な査定基準を設けているため、プロジェクトの選定となると、将来的に価値の上昇が発生するトークンやビジネスアイディアも持つ最良のプロジェクトが支持されることになる。つまり、良質なプロジェクトからさらに最高のものを選ぶ単純明快な仕組みこそ同社がやってきたことだ。

しかしながら、全ての案件がこのルールに従うわけではない。そこには、投資家からお金を奪うためだけに、「仮想通貨」や「ブロックチェーン」という言葉を投げかける詐欺まがいのプロジェクトや非現実的なアイディアが未だ見受けられる。例えば、2017年のICOで仮想通貨と法定通貨合わせて2200万ドルを集めたVanBex社は、2019年4月にカナダ当局の調査対象となった。同調査では、VanBex社が投資家にトークン(同社開発のトークンFUEL)の将来的な価値上昇を約束した上で、調達資金を利用したプロダクトの開発に失敗していることが指摘された。現在まで、製品開発は行われていない。資金調達はおそらく創業者らの過去2年間の生活を豪遊するために使われたのかもしれない。

事実、コインマーケットキャップによると、FUELのROI(投資収益率)、つまりもしあなたが当時購入していた場合の現在価格の変化率、それが-71.02%の減益を記録している。

では、プロジェクトの良し悪しを見分けるポイントは何なのか?

自ら手で徹底的に調べる

最も重要なステップは、デューデリジェンスを行うことだ。FUELトークンの投資家は創業者の一人、ケビン・ホッブス氏が多額のギャンブルに手を染めていることやカナダで複数の犯罪に関与した前科があることなどについて、より多くの情報を見つけ出すことはできたはずだ。また、同プロジェクトは、スマートコントラクトを動かすプラットフォームについて全く証拠を見せていないことも指摘できる。そして、VanBex社があたかもプラットホームが人気になることだけを理由に、同社のトークンの価格上昇が発生すると宣伝していた事実こそが、当初からお金を巻き上げるためだけの詐欺であるとする紛れもない証拠だったと言える。

Q DAOとは? そしてUSDQやKRWQはどのように機能するのか?

Q DAOのガバナンストークンと完全分散型のステーブルコインUSDQやKRWQの特徴は実にシンプルだ。それらには目的と実質的なユースケースがある。まず、従来の仮想通貨が抱えるボラティリティの安定化を求める声に応えることができる。これに対し、様々な解決策が打ち出されてきたが、今のところ法定通貨にペッグされたステーブルコインの利用が最も人気がある。デジタル通貨1単位が法定通貨1単位に等しいということだ。ここで、USDQとKRWQとの大きな違いは、100%ビットコインを担保にしている点だ。言い換えれば、発行量に見合う十分な法定通貨を保有しているかどうかについて、中央機関を盲目的に信用する必要が無いということになる。USDQとKRWQのそれぞれの発行量は担保に利用されるために預けられたビットコインによって裏付けられている。これをCDP(Collateral Debt Positions )と呼んでいる。

USDQとKRWQは、それを作った最初のビットコインデポジットによって保険をかけられることになる。もしビットコインの価値が上昇すれば、担保がより強固なものになり、追加的な保険を含むことになる。さらに多くのBTCを購入するためにUSDQを使用することもできる。BTCが上昇するブルマーケットではUSDQでBTCを買い戻し、金利を含むローンを再び支払ったとしても、まだ利益を残すことができるだろう。価格下落の局面では、担保がオークションにかけられ売られるが、USDQを保有し続けることができる。どの場面においても、保有する上で安全な投資であると言える。

他のステーブルコイン衰退が透明性によるものである場合、USDQ, JPYQ, KRWQの全ては、誰でも見ることのできるスマートコントラクトを通して、ブロックチェーン上で管理されているので、その点有利な評価が期待される。

Q DAOトークンは、イーサリアムのERC20を用いたガバナンストークンで、Q DAOエコシステム内で利用される。これは投票機能と全システムの効率化のために利用される別のトークンである。Q DAOトークンの保有者は、例えば、いくらのUSDQやKRWQをビットコインに対して発行するかといった重要な決定に関する投票権を有することになり、また、価格の小幅の変動やビットコインの下落を気にすることなく、これらのステーブルコインが発行されることを保証するある一定水準を維持することにも貢献することになる。

Q DAOが投資に最適な理由

これは、Q DAOをどのように良い投資にすることができるのかという質問に置き換えることができる。本当に収益性のあるものにできるのか?声を大にしてYES!と答えよう。以下のシナリオを思い描いてほしい:

もし、ユーザーがUSDQもしくはKRWQをほしいと考えている場合、ビットコインの預金から始めるだろう。すでに述べたように、人々は市場のボラティリティや不確実性に備えて、よりステーブルコインを使うようになる。ユーザーが預金を回収したい時、彼らが作った量に等しいUSDQをバーン(焼却)することでCDPに応じてビットコインを得ることができる。今、最も重要なことは少額の金利がQ DAOトークンによって支払われなければならないことだ。

金利に支払われるQ DAOトークンはバーン(焼却)される。これはQ DAOトークの減少につながり、トークンの価値上昇を引き起こすことになる。

したがって、USDQやKRWQの需要増加を容易に見ることができる。USDQの人気が高まるほど、より多くのQ DAOトークンが金利支払いとしてバーン(焼却)され、その価値を上昇させる仕組みだ。

プロジェクトの上層チームはメジャーな取引所とのコネクションがあり、集められた資金は、それら取引所上場に向けたプロモーションに使用され、高い流動性を生み出すとともにQ DAOトークンやQ DAOのファミリーステーブルコイン全体の価格上昇を生み出す機会を増やすことになる。

Q DAOエコシステムについて

Q DAOエコシステムは、内部通貨にQ DAOトークンを備え、高い安定性と信用を供給するアルゴリズムを使った分散型ステーブルコインを管理する。全てオンチェーンで運用され、かつハイスピードAIロボットによって監視されているので、Q DAOエコシステムはサイバー攻撃や悪意のある行為に対して信頼できるセキュリティを確実にしている。安定化メカニズムと高い耐久性をもつステーブルコインのためのオラクルによる補助とともに、担保化における最先端のイノベーションソリューションを目指し、プラチナQ DAOエンジニアリングによってこの素早い法定通貨との連動を可能にしたステーブルコインが実現している。

同社はすでに、米ドルにペッグされたUSDQと韓国ウォンにペッグされたKRWQの二つのステーブルコインを発行している。Q DAOブランドの下、JPYQ, SGDQ, HKDQ, CNYQなど、より多様なステーブルコインのリリースも予定している。完全な匿名のQ DAOエコシステムのステーブルコインは従来の世界のあり方を変えうるだろう。

USDQ, KRWQ, JPYQの最新情報についてはこちらのサイトから確認できる。イベントや開発に関する定期的な情報は、英語版, 日本語版, 韓国版Telegramでの入手が便利だ。 また、公式Line、もしくは公式Kakao Talkを登録すれば、日本語や韓国語で直接プラチナQ DAOエンジニアリングのマネジメントチームに質問することができる。 

BTCボックスについて

BTCボックスは、顧客サービスと透明性を最優先に置いた仮想通貨取引所だ。取引所の利用は、初心者の方から熟練のトレーダーまで、できる限りシームレスで透明性が高く、わかりやすいものにするため、トレードプラットフォームには便利なツールが備え付けられている。また、顧客の個人情報や資産をハッキングから守るために、最も効果的なセキュリティ対策を講じている。
詳しくは、BTCネクストサイトや、Twitter,Instagram,Telegram,Facebook,Medium,LinkedInから情報を得ることができる。 

# Q DAO ダイアリー { dev.day: 394, ラウンド: 2, 第3回IEOまで30日, Q DAO価格: $19.60 }
# BTCネクスト ダイアリー { dev.day:287, 一日の出来高 ~$1360万, 上場済みコイン27, IEO 数「3」 , BNX 価格 $3.78 }