Play2Liveがプレセールで1600万ドル調達 eSportsの24時間ライブ再放送をローンチ

BitShares 2.0ブロックチェーンに基づいて動作するeSportsストリーミングプラットフォームであるPlay2Live(P2L)は、1月26日に開始したLUCトークンの非公開プレセールで1600万ドルを調達しました。同社は、英語、韓国語、日本語、スペイン語、ロシア語、中国語の6言語で24時間のライブ中継を開始し事業拡大を続けています。

Play2LiveのCEO兼創設者であるAlexey Burdyko氏は次のようにコメントしています。「我々は、現バージョンのプラットフォームでトーナメントの再放送を開始することに決めました。主要な技術アップデートが行われている間、我々はゲーマーやP2LプロジェクトのサポーターがDota2 ジ・インターナショナル(世界選手権)のような人気のあるイベントの再放送動画をストリームで見る機会に驚くと考えました。これに続きプラットフォームの機能強化に努めます。次回のアップデートは、2月12日のトークンセールイベントの開始時に予定されています。近い将来、当社のMV