Platinum Q DAO Engineeringは大きな進歩を遂げている

ここ数ヶ月、Platinum Q DAO Engineeringの躍進がめざましい。国際的なマーケティングとPRの技術が、多くの仮想通貨プロジェクトにおける「資金調達」という最も困難なプロセスを乗り越えさせてくれたといえる。法務およびアドバイザリー部門は規制関連でプロジェクトのステージを着実に前進させ、技術部門は技術サポート、dApp製品、サイバーセキュリティに関するソリューションのエキスパート集団だ。これまで培った専門知識と経験を生かして誕生したのが、「次世代型デジタル資産取引所」および「ネイティブトークン」(BTCNEXT、USDQ、KRWQ、Q DAO)を擁するエコシステムだ。将来的には、法定通貨にペッグされたステーブルコインをさらに増やす予定だ。

ノアプロジェクトが直面した課題

ノアプロジェクトは、日常的な「取引」「送金」「決済」のためのブロックチェーンによるエコシステムを構築しようとしている。ノアシティーは、さながらハイテクを駆使した光の灯台のように、ブロックチェーンによってすべてが運営される都市を構築するという野心的なプロジェクトだ。ノア財団は、このビジョンを実現するために獅子奮迅の活躍中である。しかし、最近では、ノアプロジェクトの開発において、プラチナチームが大きな役割を果たしていることが指摘できる。

ノアプロジェクトが直面したいくつかの課題を解決すべく、プラチナチームはある事項に焦点を合わせて活動することに決めた。その優先事項とは、エコシステムを強化するために、新しい独立したブロックチェーンを構築することである。

Platinum Q DAO Engineeringが差し伸べた救いの手

皆さんもご存じかもしれない。実は、Platinum Q DAO Engineeringは、かなり以前からノアプロジェクトに参画してきた。残念ながら、旧プロジェクトは、プラチナチームが期待していたような大きな進展は得られなかった。旧プロジェクトでは、ウォレットやノアペイのようなdAppsをリリースしたが、大衆的な支持は得られなかったのだ。これらの課題に取り組むべく、ノアプロジェクトとプラチナチームは、がっちりと手を結ぶことになった。お互いが技術パートナーとして提携することは、むしろ自然なことだと思われた。

Platinum Q DAO Engineeringの共同設立者でブロックチェーンのアーキテクトであるAnton Dzyatkovskii氏と、ノア・ブロックチェーンのプロジェクトマネージャーであるAnzor Daurov氏に、今年後半にリリースされる新しいノアブロックチェーンについて対談してもらった。今後、世界中の個人や企業向けに、無制限のユースケースを提供する用意すらあるという。最新の開発状況については、こちらで読むことができる。

Platinum Q DAO Engineeringがノアプロジェクトの問題点を解決

プラチナチームは、すでに取引所での出来高がなく、無価値となってしまった旧NOAHコインを廃棄することを決定した。初期のNOAHコインは、特段の長所を持たないイーサリアムEC20ベースのトークンであった。しかし、プラチナチームのエンジニアは、新しいエコシステムにおいては、将来の大規模な成長とスケーラビリティを維持できる、高性能かつ多機能なトークンが必要だと判断した。これが新しいNOAHプラチナコインの誕生につながったのである。

取引の出来高

NOAHコインがいくつかの取引所で上場されたとき、ある程度の出来高はあった。しかし、その後は価格の下落が続いた。多くの原因が考えられるが、最大の理由は、上場する取引所を見誤ったことと、コイン保有者による投機的な取引が行われたこと、出来高が取引所自身によって偽装されたことである。コインが大量販売されたことも、価格が地を這う原因となった。

この問題に対処するため、Platinum Q DAO Engineeringは、「世界中のトレーダーに最高のスポット取引とマージン取引のプラットフォームを提供する」ことを唯一のミッションとして掲げた。その結果、高度なデジタル資産取引所が生まれたのである。透明性とセキュリティがBTCNEXTの長所であり、今後、新しいNOAHプラチナコインが上場される予定である。

NOAHの旧コインを新コインと交換するプロセスはすでに進行中だ。新コインであるNOAHプラチナは、新しいノアブロックチェーン上で動くので、簡単な操作で扱える。もちろん偽の上場ではない。スマートコントラクトは、定期的にアップグレードされ、エコシステム内で改ざんされる恐れはない。

金融商品

かつてのNOAHコインの暴落は、プロジェクトの創始者や早期投資家、コイン保有者たちに財政的危機をもたらした。そのような事態を二度と招かぬよう、前任のプロジェクト管理者は、内部リスク管理のため、Q DAOシステムの製作者であるプラチナチームに支援を求めたのである。

Q DAOシステムには、法定通貨と価値がペッグされた各種ステーブルコインが含まれている。USDQ、KRWQ、CNYQ、SGDQ、JPYQ、PHPQがそれである。ステーブルコインは、仮想通貨市場が一時的なダウントレンドに陥った際のすぐれたヘッジ手段となるため、世界中の投資家が市場変動リスクを最小化するために利用している。プラチナチームはこのコンセプトが本当に有効であるかを精査して世界的にプレゼンテーションを行い、ステーブルコインを利用した安定したエコシステム構築のために新しいプロジェクトの開始を決定した。

その後、プラチナチームは、NOAHプラチナ、Q DAOトークン、関連する各ステーブルコイン、BNX(BTCNEXT取引所の取引所トークン)を、新しい『ノアプラチナエコシステム』内に導入することを決定した。これにより、顧客とコミュニティのメンバーがエコシステムについて議論するより良い機会が生まれたともいえる。

コミュニケーションと透明性

よく言われることだが、コミュニティを構築するのは簡単だが、それを維持するのは難しい。ノア・プロジェクトの輝かしい展望は、当初、サポーター、コントリビューター、投資家たちによる巨大なコミュニティを惹きつけた。がしかし、コミュニケーションのギャップと不透明さが、コミュニティのメンバーの間に多くの不満を生み出した。そして、コミュニティの管理を引き継いだプラチナが、継続的なコミュニケーションと透明性の問題を見事に解決したのだ。

24時間365日体制のサポートを開始し、コミュニティメンバーからの質問にはすべて返答し、プロジェクトとその進捗に関する技術的な問題に対応している。さらに、コミュニティのメンバーのために、開発者やマネージャーと直接話せるライブストリーム 『Ask Me Anything』 を開催した。

さらに、プラチナチームは、UBAI(The University of Blockchain and Investing)と提携して、ノアコミュニティのメンバーが他のメンバーを教育する目的で、資産管理に関する教育グループを立ち上げている。

地域活動

プラチナチームは、ノアプロジェクトのコミュニティ管理を一新した。コミュニティマネージャーと管理者で構成される専門チームは、コミュニティとの日々の連携を強化し、進行中の開発状況を把握しながら、モチベーションと支援を維持するための取り組みを計画している。その甲斐あって、ノア財団が提唱するビジョンについてコミュニティから積極的な支持を得ることができた。さらに副次的にクイズや賞金のようなインセンティブも用意し、ノアのコミュニティをアクティブに保ち、モチベーションを維持している。将来的には、コミュニティのメンバーがインセンティブ報酬を得られる紹介プログラムを開始することを目指している。

NOAHトークンの新旧交換が進行中

まだ旧NOAHコインを保有している人のために、BTCNEXT取引所はトークン交換を発表した。旧NOAHコインの代わりに新しいNOAHプラチナコインを得ることができるよう手配したのである。トークン交換後、旧コインは価値を喪失する。今こそBTCNEXTで、新しいNOAHプラチナコインを入手する時だ。

常に最前線で戦うプラチナチーム

Platinum Q DAO Engineeringは今や、ノア財団の極めて重要な戦略的パートナーとなった。その野心的な成長を実現するために、検証済みの経済モデルを用いて、持続可能なエコシステムを構築する使命を負っている。プロジェクトの成功には、たゆまぬ努力が不可欠なのである。今後も、多くのセンセーショナルな発展が起きるだろう。プラチナチームは現在、コミュニティのメンバーが、特別な暗号技術とプログラミング技術がなくても、1分以内に自分のオリジナルコインを作れるプラットフォームの開発に取り組んでいる。新しく生まれるすべてのコインは、メインエコシステムの通貨によって裏付けられる。

Platinum Q DAO Engineeringは、世界を革新しうるブロックチェーンのプロジェクトに、技術とマーケティングのパートナーとして、最高のサービスとサポートを提供している。今後も豊富な専門知識と経験を駆使して、他に類を見ない技術とノウハウを提供し、差別化を図っていく次第だ。