プレスリリース

フェニックスレンディング(Phoenix Lending)とは香港のスカイシール・キャピタル(Sky Seal Capital)の投資先であるGEキャピタルが運営する、仮想通貨を預けて金利を獲得できるサービスだ。

この度フェニックスは、ユーザーに最高の安全なデジタル資産投資体験を提供するために、市場をリードするデジタル資産カストディアンであるBitGoの導入を発表した。

BitGoは最大のデジタル資産カストディアンであり、セキュリティ、コンプライアンス、カストディ、流動性のソリューションを顧客に提供している。その顧客基盤には世界最大のクリプトカレンシー取引所が含まれ、50カ国以上にまたがっている。

BitGOは、英国の保険大手Lloyd'sがバックアップする1億ドルの保険プランをフェニックスに提供しており、万が一第三者によるハッキング、コピー、秘密鍵の盗難、BitGoの従業員や幹部によるインサイダーの盗難や不正行為、鍵の紛失などが起こった場合、顧客の資産を保全する。

フェニックスはユーザーに最高のサービスを提供することを常に目標としており、常に改善を続けており、今後もより質の高いサービスを紹介していく予定だ。

関連記事:仮想通貨チャージ可能なデビットカードを条件クリアでプレゼント!フェニックスレンディング(Phoenix Lending)が3月からビットコインで年金利14%、USDTで18%スタート

 

フェニックスのコミュニティに参加して最新のニュースを手に入れよう]

公式電報チャンネル:https://t.me/phoenixlending

公式ツイッター:https://twitter.com/Phoex_io

フェニックスチーム

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー