仮想通貨業界を「消毒」するQ DAOチームの計画とは?

[プレスリリース] PLATINUM Q DAO

堅固なブロックチェーン技術に支えられた仮想通貨の登場は、購入・販売・取引・利用のライフサイクルを持つ、「デジタル資産 新時代」の幕開けとなった。一方で、仮想通貨は苦労して稼いだお金を何百万ドルも失ったり、深刻な信用不安につながる「無数の詐欺プロジェクト」を生んだパンドラの箱でもある。その被害に遭った投資家たちを支援するため、Q DAOチームがいま立ち上がった。

何百もの詐欺プロジェクトの中には、小さなものもあれば、かなり大規模な詐欺もあった。これらは仮想通貨コミュニティの集団心理を揺るがす存在である。投資詐欺のプログラムを運営し、何千人もの顧客をだましたビットコネクト事件を覚えているだろうか? 同社とその創設者たちは、いまだに複数の訴訟で係争中だ。あるいは、6億5,000万ドル以上を調達して倒産したベトナムのプロジェクト、PincoinやiFanはどうか? そして、3,000万ドル以上を集めたが、捜査の結果「ポンジスキーム」だと判明したOneCoinはどうだろう? Centratechは、フロイド・メイウェザーとDJキャレドを広告塔としてチームに参加させることに成功した。しかし、当局が詐欺だと断定すると、創設者たちは逮捕され、有名人たちは逃げ去ってしまった。

Dead Coinsというサイトを覗けば、現在の悲惨な状況がすぐにわかる。このサイトでは、すでに死んだ状態か、詐欺の一環だったか、詐欺ではないが何らかの理由で消滅した数百のコイン(仮想通貨プロジェクト)がリストアップされている。

なぜプロジェクトは失敗するのか? なぜ詐欺を働くのか?

詐欺プロジェクトの存在は、仮想通貨業界にとって大きな問題である。しかし一方で、同業界では常に新しい技術革新が起こり、業界の回復力と継続的なイノベーション能力を示している。実際、IEOやSTOのような比較的厳格に規制された新たな資金調達方法が、ICOに取って代わられた。市場はまだ揺籃期にあるのだ。ベンチャー・キャピタル資金の流入はまだなく、依然として「クジラ」とよばれる大口ホルダーたちによって市場は支配されている。結果、「ポンプ・アンド・ダンプ」を企図した仕手グループの標的とされるやいなや、市場価格は激しく乱高下し、それらに動揺した一般投資家の感情的な取引によってさらに値動きは増幅され、極端なボラティリティが示現してしまう。

以上は、アルトコインの多くが、強いファンダメンタルズを持っているにもかかわらず、価格が低調な理由である。一方、多くの「草コイン」(シットコイン)は、なんら裏付けがないにもかかわらず、皮肉にも高い価格を保っている。このような状況では、投資家が投資すべき優良コインを選択することが極めて困難になる。たとえるなら、縁日の射的のようなものだ。的に当たるかは、ほとんど偶然の産物といえる。

当初、ICOに関連した誇大宣伝と熱狂は、多くの投資家を無価値な草コインへの投資へと走らせた。一刻も早く投資しないとチャンスを失うのではないかという妄想に陥った投資家たちは、総合的なデューディリジェンスを行わずに成行価格でコインを購入した。彼らは、仮想通貨プロジェクトに関して投資家がいかにだまされやすいかを実証するために米証券取引委員会(SEC)が行った「詐欺実験(Howeyテスト)」にさえ引っかかった。 

放置された投資家たち

詐欺情報が投資家の間で出回ると、以前は「活発で勢いがあった」コミュニティの大部分は縮小して移転した。コミュニティの管理人も姿を消し、かつてはプロジェクトによる「世界革命」を標榜していたソーシャルメディアも沈黙し、プロジェクトは「幽霊」となってしまった。投資家たちは、かつては桁外れのリターンが約束されていたコインという「お荷物」をしょってさまようこととなった。

このような詐欺行為が続けば、より多くの投資家が損失をこうむることになり、規制当局はより厳しい監視を行わざるをえない。多くの専門家は、これらの規制が、仮想通貨というエキサイティングな技術の起こす社会改革に水を差すことを懸念している。私たちは、仮想通貨業界の一員として、この状況に何らかの手を打つ必要がある。Q DAOチームが被害に遭った投資家たちに手を差し伸べるのは、こうした理由からなのだ。

悪行を一掃する、仮想通貨界の「消毒」プロジェクト

Platinum Engineersは、仮想通貨業界の消毒を手掛けるNo.1企業

Q DAO チームは、「死亡済みプロジェクト」のコイン保有者に向けた独自のQSWAPサービスを開始した。QSWAPとは何か? それは、米ドル兌換のUSDQと同じく、非常に人気があり、成功しているコインである。同社は、ブロックチェーンに関する高品質なマーケティング、技術、法律、助言サービスを提供していることでも知られており、新しい仮想通貨プロジェクトが何百万ドルもの資金を集めるのを支援してきた。

では、Q DAOチームは「死亡済みプロジェクト」をどのように分析するのだろうか? 彼らは以下の厳格なガイドラインを用意した。

  • ウェブサイトが更新されていない、動作しない、存在しない
  • プロジェクトに関するニュースが長期間ない
  • 資金調達後にトークン価格が暴落した
  • チャットによるサポートやソーシャルメディアでの返事がない
  • 開発ロードマップが守られない
  • 取引所での取引がない、または取引所に上場されていない
  • アクティブなコミュニティが存在しない
  • チームメンバー / 設立者 / 従業員の評判が悪い

ガイドラインに従ってそれぞれの要素を勘案し、総合評価を決定する。死亡済みプロジェクトと認定され、Q DAOの専門家チームによる内部デューデリジェンスを受けた後、運営元の企業はコミュニティの通知を通じて当該プロジェクトのコイン / トークンの所有者に連絡を取り、QSWAPに参加するよう促す。

QSWAPのスキームでは、Q DAOチームが死亡済みプロジェクトのコインをICO価格で引き取る。このプログラムを通じて、Q DAOチームは投資家のポートフォリオをサポートしようとしているのだ。

Q DAOチームにより、最初に死亡済みプロジェクトに認定されたのはAlbosだ。同チームはすでに、14,024,312.667108731枚のALBトークンを回収した。可能な限りコインを回収した上で、彼らはALBトークンを「バーン(焼却)」する予定である。Q DAOチームは回収したAlbosコインをライブストリームでバーンし、コインを流通から排除し、誰のウォレットにも収まらないようにする。

Q DAOチームにより次に死亡済みプロジェクトとして認定されたのは、Twogap(TGP)、Spindle(SPD)、DEXON(DXN)、Contents Protocol(CPT)、MINE(MINE)である。QSWAPキャンペーンに参加するには、参加者フォームに入力するだけでよい。

QSWAPプログラムの詳細を知りたい人は、英語または日本語のテレグラムチャットに参加すれば、リアルタイムのサポートを受けることができ、最新情報が共有される。

Q DAOのエコシステムについて

Q DAOのエコシステムは、世界の主要法定通貨に価値が固定されたステーブルコインを基軸としている。現在、USDQとKRWQの2つネイティブトークンがあり、今後は、SGDQ、CNYQ、HKDQ、JPYQ、PHPQ等のコインを、それぞれシンガポールドル、中国元、香港ドル、日本円、フィリピンペソに固定してリリースすることを予定している。

Q DAOトークンは、安定したエコシステム内のガバナンス・トークンである。性能的には、同社のMaker DAOよりもはるかに多くの機能を備えている。Q DAOの所有者は、エコシステムの運営に関する意思決定権限を持ち、エコシステムの効率的な運営のために重要な役割を果たす。Q DAOトークンが、ユーザーのデジタル資産取引を堅固にするのは言うまでもない。

 Q DAO、USDQ、KRWQはすでに、IDEX、HotBit、BTC-Alpha、BTCNEXTなどの主要な仮想通貨取引所で順調に取引されている。価格面でみても、Q DAOトークンは7月初めにリリースされて以来、時価総額が驚異的かつ持続的に上昇している。Q DAOの時価総額は400万ドルを超え、トークン当たりの価格は当初の1ドルから60ドルに上昇し、現在は40ドル付近で落ち着いている。

さいごに

ブロックチェーンと仮想通貨革命が、詐欺プロジェクトに足を引っ張られることがあってはならない。業界の信頼を取り戻し、この新しい資産を基盤とした技術を探求することは、業界全体の共同責任である。Q DAOチームはその一員として、仮想通貨市場における信頼を回復し、損失を取り戻す機会を人々に提供しようとしている。

Q DAOチームのこの熱意ある取り組みは、コミュニティのほかのメンバーに「詐欺プロジェクトを市場から一掃する」ことの重要性を伝える役割も果たしている。QSWAPプログラムは世界を変革することはできないかもしれない。が、多くの投資家のポートフォリオを確実に救済するだろう。そして、仮想通貨市場に「信頼」と「透明性」をもたらし、私たちの世界を変革する未来のプロジェクトの礎となるだろう。

 

本プレスリリース発行元:PLATINUM SECURITIES company LTD

  • Singapore: 18 Sin Ming Lane, MIDVIEW city, 573960
  • Hong Kong: Eib Centre, 7/F Bonham Strand, Sheung Wan
  • South Korea: Seoul, Gangnam-gu, Yeoksam 1-dong Seolleung-ro 103 Road 21 / 서울특별시 강남구 역삼1동 선릉로103길 21 주변
  • Thailand: Asok, PS Tower, 20th floor, Bangkok
  • Seychelles: Global Gateway 8, Rue de la Perle, Providence, Mahe
  • Australia: Melbourne VIC 3000, 152 Elizabeth St