TAFチェーン(タキオンフィールドチェーン)は、高性能のブロックチェーンを基盤とするシステムであり、世界トップレベルのブロックチェーンチームがMoshan–University of Glasgow Blockchain Joint Laboratoryの支援を受け設計したものである。2017年の開発開始から4年が経ち、TAFチェーンはグローバルマーケットをターゲットにする、大規模な商用化を可能にする、初のパブリックチェーンとなった。これは、ビジネスにおいてオンチェーンでユーザーのコアデータを追加する際に懸念される、データ所有やプライバシーの重要な問題に対するソリューションであるこのシステムの性能の高さに基づくものだ。

一秒に14万以上の取引を扱う、最も優れた商用ブロックチェーンソリューション

TAFチェーンは、ブロックチェーン技術の開発およびアプリケーションに対する低価格ソリューションとして実務上の商業的な問題を解決することを目的とする。この意味では、デジタル時代の世界のビジネスにおいて、信頼できるインフラストラクチャとなることができるだろう。現在、ハイパーレッジャーのコアテクノロジーにおけるブレイクスルーがTAFチェーンの商用化の基盤となっており、一秒に14万以上の取引を処理することができる。TAFチェーンの商用アプリケーションの一つは、Web 3.0、Industry 4.0および5G技術を組み合わせたブロックチェーン・スマートフォン、XVB KAMMURIである。スマートフォンに、ハイレベルなセキュリティとスケーラビリティ、そして分散型のコミュニティガバナンスを備えた分散型ソーシャルネットワーク、デジタルウォレット、非代替性トークンストアを組み込む次世代アプリケーションソフトウェアTDeChatを実装する。さらに、TAFのネイティブトークンであるTAFTトークンやUvTokenをサポートする分散型金融アプリのエコシステムである、TAFチェーンエコシステムの分散型ウォレットを統合。同時に、TAFチェーンのアプリケーションはライドヘイリング・サービス(大規模配車サービス)やフードデリバリー、医療などにも広く利用され、従来のサービスの向上に一役買っている。

Web 3.0時代の従来のインターネットプロジェクトを活性化

Infinite Space System(ISS)は、人工知能保存アーキテクチャを元に、TAFの研究開発チームが数年間の研究の結果ベストなリソースをもって開発した分配型保存システムである。これは、すべてに対しセキュリティとプライバシーを提供するデジタル時代の信頼できる高性能なパブリックインフラストラクチャとなるだろう。データの商用化という点では、ISSにはユニークなメリットがあり、既存の分配型保存システムと比較すると、従来のインターネットプロジェクトからデータストレージをシームレスに移動することが可能である。さらに、データ移動の際にデータプライバシー保護と高速データ送信の両方を実現することができ、このプロジェクトの成長をさらに活性化することができる。

TAFチェーンについて

公式ウェブサイト: https://www.tafchain.com/

ツイッター: https://twitter.com/tafchain1

テレグラム: https://t.me/taf_chain

Eメール: business@tafchain.com