BTCNEXTがBNXトークンの『第2次 店頭販売』実施を発表

次世代型「スポット&マージン取引」プラットフォーム BTCNEXTは、ネイティブトークンのBNXについて『第2次 店頭販売』を実施することを発表した。店頭販売の第1ラウンドは盛況で、早期終了となった。そこで、BTCNEXTの経営企画チームは、第1ラウンドで買いそびれたユーザーにもBNXトークンの入手機会を与えるため、第2ラウンドの実施を決定したというわけだ。

BNXトークンは、BTCNEXT取引所のユーティリティコインである。取引手数料が50%引きになることに加え、入札や抽選への参加権、BTCNEXT限定のIEOへの参加権、エアドロップの際の優先権、会員限定のカンファレンスやブロックチェーンイベントのチケットの購入権など、所有者には幅広い特典が付与される。

この店頭販売は10月15日午後4時(日本時間)から開始される。開始価格は1.2ドル。現在、市場価格は2.4ドル近辺なので、BNXを組み入れた戦略的ポートフォリオを構築するには絶好の機会だといえる。但し、店頭販売で安く購入したBNXトークンには凍結期間(売却制限)がある。凍結状態は、プラットフォーム上で公表済みのスケジュールに従って段階的に解除される。

BTCNEXT取引所を最も愛用する「エンジェルトレーダー」に報いるため、経営企画チームは店頭販売に特別優待期間を設定した。エンジェルトレーダーに認定されたユーザーは、10月14日午後4時(日本時間)からBNXコインをウォレットに追加することができる。エンジェルトレーダー各位は、お忘れなきよう。

エンジェルトレーダーになるには、どうすればよいか? 店頭販売で一定数以上のBNXトークンを購入するのがその条件だ。購入数に応じて、それぞれ「DIAMOND」「GOLD」「SILVER」「MiniAngel」のステータスが得られる。いずれのステータスも、BNXトークンのボーナス、手数料の割引率上昇、入札や抽選の際の当選確率の上昇など、さまざまな特典が与えられる。

それだけではない。経営企画チームは、刮目すべき特別ボーナスを用意した。ユーザーが、もし「(凍結されていない)通常口座のBNXコイン」を「凍結口座」に転送すれば、同額のコインがボーナスとして与えられるというものだ。

豊富なボーナスも魅力的だが、BNXトークンは本来、取引所のユーティリティコインであることを忘れないで欲しい。BNXトークンを保有することで、BTCNEXTでの取引がきわめてスムーズになり、幅広い利便性がもたらされる。あなたが心をひらけば、 未知のユーザーエクスペリエンスの世界があなたを待っている。

BTCNEXTについて
BTCNEXTは、Q DAO Platinum Engineeringによって開設された、現在急成長中の仮想通貨取引所である。ステーブルコインのUSDQとKRWQを市場に供給し、コラボレーションの世界における革新的なソリューションを追究している。BTCNEXTでは、ビットコインをはじめ、主要なアルトコインやイーサリアムベースのERC20トークン、複数のステーブルコインを含む多種多様なトークンを上場させており、至高のユーザーエクスペリエンスを実現している。
BTCNEXTの詳細については、取引所の公式ウェブサイト、Twitter、Telegram、Facebook、MediumLinkedInでチェックしてほしい。