プラチナQDAOエンジニアリングはBTCネクストとその他トップ取引所でQ DAOトークンのIEOを実施!Q DAOトークンとガバナンストークンUSDQ, KRWQ, JPNYQの獲得方法二つを紹介!

プラチナQ DAOエンジニアリングでビジネス開発リーダーを務める東京出身でニューヨーク大卒の伊藤たけし氏は、同チームが開発を手がけるQ DAOエコシステムとその他ステーブルコインの普及活動を日本で展開している。

伊藤氏は、ゴールドマン・サックスやベアー・スターンズのような大手投資銀行で得た幅広い経験から、主にCMBSを開発するために不良債権および証券化事業に従事している。 同氏の専門分野はデューデリジェンス、特に不動産と不良債権の査定だ。

プラチナQ DAOエンジニアリングは、IEO/STOによる上場、助言、マーケティング、法律事務といったサービスを提供し、数々のブロックチェーン・仮想通貨関連のプロジェクトを立ち上げた国際的なハイテクカンパニーだ。最初のIEOをBTCネクストで実施した際、1時間足らずで15,000 Q DAOトークンの分配を完了させている。第二回となるIEOは7月に行われる。1ヶ月も待てないという方に、IEO以外でQ DAOトークンを入手する二つの方法を紹介する。

Q DAOトークンとは?

Q DAOトークンは、幅広い種類のステーブルコインを含むQ DAOエコシステムの内部通貨である。これらステーブルコインは、法定通貨やビットコインなど上位10の仮想通貨と紐づけられている。この特徴は、従来のデジタル通貨と比べより安定的で低いボラティリティを可能にしている点だ。

Q DAOエコシステムには、米ドルと連動するUDSQ、韓国ウォンと連動するKRWQの二つのステーブルコインの取引をプラットフォームで行うことができる。間もなく日本円と連動するJPYQのリリースも行われる。仮想通貨市場への参加者は、それらステーブルコインを入手し、世界中の様々な商品やサービスの購入に利用することができる。Q DAOエコシステムはステーブルコインが市場のボラティリティに依存することなく、安定性を保つことができるように設計されている。では、Q DAOトークンはその保有者に何を提供するのだろうか?

まず、上記ステーブルコインを、その担保として保管されているビットコインやその他仮想通貨に交換したい場合、ユーザーはその手数料の支払いにQ DAOトークンが必要になる。手数料の支払いはQ DAOトークンのみ可能であり、それらは即座に焼却(バーン)される。二つ目に、Q DAOエコシステムやリスクマネジメントの変更に関する重要な決定を行う場合、Q DAOトークン保有者にその議決権が与えられる。したがって、Q DAOトークンはエコシステム内で利用されるトークンとして、またガバナンスの手段として、三つの利用方法がある。

IEOによるQ DAOトークン入手

IEOによるQ DAOトークンの入手は最もお得な方法だ。この場合、市場参加者はQ DAOトークンのリリースを目前に好条件でトークンを入手する機会を得ることになる。しかし、注意が必要なのは、一人当たり1,000ドル相当までのトークンしか購入できない点だ。より多くトークンを入手しようとすると、次のラウンドを待つしかない。これに加え、多くの市場参加者がガバナンストークンに興味を示すため、ユーザー間での競争が起こると考えられる。

仮想通貨取引所でのQ DAOトークンの入手

仮想通貨取引所でのQ DAOトークンの入手は最もスピーディーな方法だ。メリットは、トークンが多くの取引プラットフォームに上場され、ユーザーは希望する数量を購入することができる点だ。ほとんどの取引所では、簡素化された操作画面と扱いやすい機能を備えているため、簡単に希望するコインの売買ができるようになっている。そして、プラチナQ DAOエンジニアリングのパートナーであるBTCネクストを忘れないで欲しい。週7日間、24時間体制のカスタマーサービスは、技術的なことから、初心者向けにどのようにチャートを読むのかなど顧客の全ての質問に対して答える。一方、仮想通貨取引所で売買するデメリットは、Q DAOトークンが供給不足に陥るためトレーダーが膨大な量の売買を行うことができないため、ある一定の制限がある点が指摘でされる。

相対取引(OTC)を通したQ DAOトークンの入手

相対取引(OTC)は最も信頼のおける入手方法だ。プラチナQ DAOエンジニアリングは毎月50,000ドルから70%のトークンを分配し、一定期間凍結される。この方法は、Q DAOトークンが全て凍結された時、保有者は100倍の利益を出すことができるが、購入数量は最大1,000ドルまでと決められている。

どの方法が、あなたにとって最適だろうか?3つの手法を試してみて欲しい。プラチナQ DAOエンジニアリングでは、それらのフィードバックを受け付けている。

BTCネクストとQ DAOファミリーステーブルコイン

次世代のスポット、証拠金取引のプラットフォームであるBTCネクストは、プラチナQ DAOエンジニアリングによって開発が進められている。USDQ、KRWQ、JPYQ各種ステーブルコインを取り扱っており、担保化における最先端かつ革新的なソリューションを探求している。高い耐性を持ったステーブルコインの実現のために、安定化メカニズムと中立的なネットワークを利用することによって、それらを達成することが目指される。
USDQ、KRWQ、JPYQには、それらをユニークなものにするある側面がある。この事実こそ、これらステーブルコインが分散管理されていることにある。テザー(USDT)のように中央集権的な管理のもとにドルを保有する代わりに、 ビットコインをそれらの価値を担保する仮想通貨として保有している。 Q DAOブランドの下、JPYQ、SGDQ、HKDQ、CNYQのステーブルコインが間もなくリリースされる。完全に匿名なUSDQは伝統的な世界の在り方を変える。
そして近い将来、ユーザーはビットコイン、イーサリアム、ライトコインを含む数百を超えるトークンの売買を行うことができるようになる。詳しくは、BTCネクストサイトや、Twitter,Instagram,Telegram,Facebook, Medium,LinkedInから情報を得ることができる。 

プラチナQ DAOエンジニアリングについて

USDQは、担保化の革新的ソリューション、価格安定化メカニズム、オラクルを用いた高い耐性を持ったステーブルコインを開発する手段としてプラチナQ DAOエンジニアリングによってもたらされた。

Q DAO エコシステムの最新状況については、公式サイトのニュースセクションに詳しい。定期的なイベントや開発状況の更新情報の取得は、公式英語版Telegramチャット、日本語版Telegramチャットが便利だ。また、公式LineからプラチナQ DAOエンジニアリングのマネジメントチームに、日本語で質問を直接行うことができる。

# Q DAO ダイアリー { dev.day: 393, ラウンド: 1, 第2回IEOまで1日, Q DAO価格: $17.50 }
# BTCネクスト ダイアリー { dev.day:286, 一日の出来高 ~$1460万, 上場済みコイン27, IEO 数「3」 , BNX 価格 $1.19 }