フェイスブックは、2019年6月のリブラ・アソシエーション・ホワイトペーパーの最初のリリースで世界を震撼させた。しかし、2020年4月16日、ブロックチェーン上に構築されたグローバルデジタルリブラ支払いシステムに関する計画規模の縮小が発表された。(出典: https://www.cnbc.com/2020/04/16/facebooks-libra-plans-new-crypto-offering-backed-by-just-one-currency.html

これは、ビットコインが2016年に世界を席巻して以来の、仮想通貨業界に残る過去の偉業である。しかしこの計画は、期待に応えるためにスケールダウンする前に認知度と関心を獲得するのみにとどまり、 リブラは、EOSのような他の注目度の高いアルトコインの1つにすぎない。 

非常に不安定な暗号通貨の世界では、注目を集めることは、多くの場合、関心を高め、最終的にはより多くの資金を集めることが目的だ。 ただし、コインの寿命は、そのコインの基本的な有用性が真の決定要因となります。 コインマーケットキャップを見てみると、IOTAのような主要なコインの多くの成功は過去のものとなっている。(詳細: https://coinmarketcap.com/

新たな道を切り開くフィンテック企業、AQUAラボズを通じて独自の仮想通貨アクアナイト(AQN)を立ち上げるという驚くべき計画を発表した。 それは、金融の世界での通例を覆す、驚異的な変化だ。

アクアナイトの発表以来、期待は大きく広がっている。 現時点で入手できる情報はまだ少ないようだが、熱心なファンがすでにICOのプレICOサブスクリプションボーナスを独占的に獲得している。

アクアラボズの公式情報筋によると、アクアナイトが、特にSaaS(サービスとしてのソフトウェア)への将来の開発において、ユーティリティの改善に大きな役割を果たすことを確認している。 

アクアナイトユーザーは、最大7つの市場(仮想通貨、コモディティ、スポーツ、株式証券、債務証券、デリバティブ、FX)の開発段階にあるSaaSアービトラージソフトウェアを使用して、将来のグループからの新規ローンチの優先アクセスを受けることも期待されている。

常に期待以上の結果を出すという彼らの伝統を基に、これから更に、彼らの次の展開が世界的に注目されていくだろう。