プレスリリース

香港のファンドであるスカイシール・キャピタル(Sky Seal Capital)が仮想通貨を預けて金利を獲得できるサービス「フェニックス・レンディング」を21日に発表し、リリース5日でビットコインの第一期が完売した。

年金利22%で第二期がすでに始まっている。22%の金利はレンディング業界最高峰だ。一期毎に金利が下がり10%前後まで下がる予定で、経営を圧迫しない設計になっている。

Phoenixに入金をしただけではレンディングが開始せず、入金後レンディング商品へ申し込みをしてから金利をもらい始められるので注意が必要だ。

なお、レンディングは1年契約だが、元金に対して2%の手数料を払えばいつでも早期解約可能だ。

Phoenix Lendingでは世界最大のカストディアンとの話も進めており、サービスの信頼をあげていき、安全性を高めて投資家が仮想通貨を安心して預けられる環境を整備している。

仮想通貨を持っているだけではもったいないので金利が高いうちにPhoenixに預け入れるのをお勧めする。

関連記事:「仮想通貨ビットコインを預けて年金利24%」香港ファンドがPhoenix Lending(フェニックス・レンディング)を開始

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー