近年、ソーシャルトレーディングやコピートレーディングの合法性や利用が話題だ。多くの有名なトレーディングサイトがこれらの技術を利用して初心者トレーダーや自分自身で取引を行う時間のないトレーダーの取引を支援しようと試みている。これらのトレーダーは誰かをフォローする仕組みだが、残念ながら多くのプラットフォームでは単にラッキーなだけの「プロ」や、まったくプロフェッショナルではないトレーダーが登録されていることも多く、これがトラブルの原因となっている。プラットフォームが真のトレーダーをしっかり管理すれば、これはプラットフォームにとってもコミュニティにとっても大きな利点である。

つい最近になって、頭の回転の速い、新たな仮想通貨トレーダーが取引の表舞台に登場した。ロビン・フッドという名前以外はまったくの正体不明である。同じ「ロビンフッド(RobinHood)」という株取引プラットフォームもあるが、これとは別物である。彼について現在わかっていることは、ロビン・フッドは中国出身であり、取引においては効率的かつ知識の豊富なプレイヤーであることを証明し続けてきていることである。

ロビン・フッドが大きな話題になる理由

ロビン・フッドはその取引活動で有名になった。彼の取引テクニックには特定の戦略があり、基本的かつ技術的なトレンドを利用した一定のコインのアクティビティの追跡・フォローだと言われている。そしてフォロワーたちはこの情報を利用し、結果に基づき取引を行う。このモデルが信用できないというのであれば、数字を見たら納得するだろうか。彼は、彼のソーシャルフォロワーたちに先月50%のリターンを約束し、これを達成している。このようなリターンは、毎月の取引活動には前例のないことである。

ロビン・フッドの行為は、新参者のトレーダーにもベテラントレーダーにも、そして自分では取引の時間を持てない人にもユニークな機会を提供する。フォロワーたちは、この業界のベテランやソーシャルトレーディングの専門家から構成される有名かつ新進気鋭の取引所であるDecoinに、ロビン・フッドが持続可能かつ実行可能な戦略を持っていることを主張した。そして長期の交渉の結果、ロビン・フッドの幅広い業界の知識はパートナーとなる価値があることをDecoinに確信させることとなった。ロビンフッドが、DTradeプラットフォームと中国で最も成功したトレーダーの一人となる準備は整っている。

DTradeプラットフォームのさらなる考察はこちら

トレーダーはどのように利益を得るか?

もちろんトレーダーとしての主な利益は、特に始めたばかりのトレーダーならば、ロビン・フッドの取引の仕方について重要なインサイトを得られることであろう。DTradeプラットフォームでは、ユーザーはトレーダーのセッションのライブレコーディングを見ることができる。これはトレーダーの価値を証明し新しい戦略を学ぶ上で非常に役立つものである。忙しくて取引を常に把握し続ける時間がない場合でも、ロビン・フッドの経験に頼り、落ち着いて良い方法で取引を管理することが出来るのである。

基本的に、50%のリターンを与えることができると言うトレーダーの多くが詐欺師であることが多い。ロビン・フッドはこの類ではなく、ソーシャルフォロワーたちは彼の知恵から非常に多くの利益を受けている。そして誰もにその可能性がある。ただ座っているだけでロビン・フッドが毎月50%のリターンを与えてくれることを保証することはできないが、才能と経験に満ちている人がいてくれれば、損失が起こることは考えにくい。フォローしているトレーダーがいる場合、このトレーダーが継続して利益を得ているか気になるだろう。DTradeプラットフォームを利用すればそれが可能になる。

さらにDTradeのトレーダーは、簡単にロビン・フッドのDecoin取引所での過去や現在のトレードを追跡でき、これを行うことで、より良いトレーダーになるために自らを教育することができるのである。

結論

最後に、ロビン・フッドDTradeプラットフォームに多くをもたらす存在になると考えられる。彼から多くの利益を得ることもでき、またDTradeで使用される優れた機能が、本物の、スキルのあるトレーダーたちをその統計でより際立たせることができる。これによりロビン・フッドはソーシャルフォロワーをこれからも増やし、優れた取引戦略を学ぶ機会を継続して提供するだろう。この機会を逃したくなければ、DTrade登録し、まずは彼の取引をフォローすることを検討すべきだろう。まずは彼の様子を観察してみたいという場合でも、失望させられることはないだろう。

Dtradeの詳細はこちら


免責事項 : コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資や金融商品購入のアドバイスではない。また、日本国居住者は本稿で言及された仮想通貨トークン、プロダクト、サービスを購入することはできない。