「仮想通貨の口座ってどこがおすすめ?」

「口座開設って時間もかかるし何だか難しそう…。」

上記のような疑問にお答えしていきます!

今回の記事では、仮想通貨取引所のおすすめランキングトップ5と、初心者でもすぐにできる実際の口座開設手順を解説していきます

自分に合った仮想通貨取引所を選ぶことは、取引で利益を出すためにも重要なポイントです。

本記事を読み終わる頃には、初心者の方でもきっと取引所への登録方法をバッチリ理解することができています!

ざっくり言うと...

仮想通貨取引所の口座開設は2日~3日ほどで完了するので簡単にできる。

・口座の開設に必要になるのは、「本人確認書類」「メールアドレス」だけ。

・取引所の口座開設は、「①メールアドレスの登録」「②本人情報の入力」「③本人確認書類のアップロード」「④ハガキの受け取り」の4つの手順で簡単にでき、どの取引所でもほとんど同じ手順!

・国内取引所の場合だと「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Coincheck(コインチェック)」「bitbank(ビットバンク)」の人気が高い。

・その中でもコインテレグラフがオススメするのは、仮想通貨取引量国内No.1を誇るbitbank!

・bitbank(ビットバンク)なら取引手数料が無料。さらに一度もハッキングされた経験がなく、第三者機関に認められた高いセキュリティレベルを誇る。

安全に仮想通貨を取引するなら、bitbank(ビットバンク)への登録は必須!

bitbankで無料口座開設!

【誰でもわかる】仮想通貨取引所の口座開設について

仮想通貨取引所の口座開設に、難しいイメージを持っている人も多いでしょう。

結論言うと、仮想通貨取引所は誰でもかんたんに登録することができます!

仮想通貨の口座開設は2日~3日で完了する

仮想通貨取引所への口座開設は2日~3日ほどで完了します。

しかも、この2日~3日というのは、登録の申請が終わって取引所から本人確認用のハガキが郵送されてくるまでにかかる時間です。

申請の際に必要な情報の入力作業自体は、10分~20分ほどで終わらせることが可能です。

後ほど詳しく解説しますが、「口座開設は簡単にできる」と覚えておきましょう。

仮想通貨の口座開設で用意するもの

仮想通貨の口座開設で用意するものは、「メールアドレス」「本人確認書類」の2点だけです。

メールアドレスは受信ができるものであれば、GmailなどのフリーのアドレスでOKです。

本人確認書類に関しては、写真でとってアップロードすることで、提出を行うことができます!

取引所への登録をスムーズに完了させるためにも、以下の書類をあらかじめ用意しておきましょう!

本人確認書類一覧

① 運転免許証(表と裏)
② パスポート(表面と住所記載ページ)
③ 在留カード
④ 特別永住者証明書
⑤ 住民基本台帳カード
⑥ 個人番号カード
⑦ 運転経歴証明書

上記の書類の中から、1種類をアップロードして提出する必要があります。

取引所ごとに若干異なりますので、登録を行う取引所で必要な書類はあらかじめ確認しておきましょう!

準備するものまで簡単なので、口座開設は誰にでもすぐできるものとなっています。

仮想通貨のおすすめ取引所ランキングベスト5

ここからは、仮想通貨のおすすめ取引所ランキングベスト5を解説していきます。

取り扱い通貨数」「使いやすさ」「運営会社」「手数料の安さ」などを総合的に判断し、ランキング付けを行なっています。

是非参考にしてみてくださいね!

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴

 ① 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている

② 国内最多のなんと「12種類」もの通貨を取引することができる

③ スマホアプリがダントツで使いやすく、ダウンロード数は既に250万回を突破!

④ 「貸し仮想通貨サービス」などを使えば、忙しい方でも仮想通貨を運用できる!

口座開設におすすめの仮想通貨取引所第1位は、Coincheckです。

Coincheckはアプリが非常に使いやすいことから、多くのユーザーから支持を受けています。

実際に、アプリダウンロード数では国内No.1の実績を持っています。

初心者で操作に不安がある人には、まさにピッタリの取引所と言えるでしょう。

また、金融大手のマネックスグループが運営元の親会社となっており、信頼性も非常に高くなっています。

取引手数料・入金手数料が無料に設定されているので、取引コストがほとんどかかりません。

加えて、取り扱い通貨数も全12種類と豊富です! 「

安全かつ、コストを抑えて仮想通貨を取引してみたいな…」という方は、Coincheckへの登録は必須です!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの登録はこちら

コインテレグラフのおすすめ取引所 bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)の特徴

仮想通貨の取引量がなんと国内No.1

② アプリストアのランキングで「人気No.1」を獲得した経験あり!

③ セキュリティが圧倒的に高く、第三者機関からセキュリティ「国内No.1」を獲得済!

コインテレグラフがおすすめするのは、モナコイン(MONA)6種類の通貨を扱うbitbank(ビットバンク)です。

bitbankの魅力といえば、何といってもそのセキュリティの高さ。

第三者機関から「セキュリティ国内No.1」と認定され、今までハッキング等の事件に巻き込まれたことは一度もありません。

またスマホアプリも使いやすく、アプリストアのファイナンスカテゴリで「ランキング1位」を獲得した経験もアリ!

また「取引手数料」「入金手数料」などもかかりませんので、低コストで取引することができます。

一番安全に、安心して仮想通貨をトレードしたいな…」という方は、bitbankへの登録は必須です!

 >>>bitbankの公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

 ① 2014年からサービスを展開している、歴史のある仮想通貨取引所

ビットコインの取引量「国内No.1」を誇っており、取引の多さも抜群!

③ 「bitFlyer Lightning」という独自ツールを用いれば、ビットコインやイーサリアムのレバレッジ取引もできる!

④ 独自機能「ビットコインを貰う」を用いれば、サービス利用や買い物でおトクにビットコインがたまる!

続いてのおすすめは「bitFlyer(ビットフライヤー)」です!

bitFlyerはアプリなど取引ツールの使い勝手の良さが最大の特徴の1つです。

実際にその使い勝手の良さから、AppStoreでも星4.3の高い評価を獲得しています。

初心者でも操作に悩まず、簡単に使うことが可能です。

また、仮想通貨サービス利用率国内No.1の実績もあります。

SBIリクルートなど大手企業も多数出資していることから、安心して自分の資産を任せられる信頼できる取引所と言えるでしょう。

また「ビットコインをもらう」という独自機能を用いれば、サービス利用やお買い物でビットコインを貯めることができます。

一般的なトレードだけでなく、独自の機能を用いて仮想通貨を増やすことができるのも、bitFlyerの大きな魅力の1つです。

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら

bitFlyerの登録はこちら

おすすめ第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMMBitcoinの特徴

① 様々な事業を展開する大手企業「DMMグループ」の傘下にある取引所

「取引手数料」「出入金手数料」に加えて「送金手数料」までも無料!手数料の安さはバツグン!

③ レバレッジ取引に特化しており、なんと合計で「11種類」もの通貨のレバ取引に対応!

おすすめ取引所の第3位は、DMM Bitcoinです。

DMM BitcoinはFXサービスなどでも有名な、DMM.comが運営元の親会社です。

金融関係のサービスでは長年の実績があり、仮想通貨取引所にもそのノウハウが反映されています!

また、サポート体制も万全で、LINEでの問い合わせに土日祝日を含めて365日対応しています

信頼性の高い取引所を使いたいという人から、信頼性が高く安心できるサポートを受けたいという人にもピッタリです。

またDMM Bitcoinは「レバレッジ取引」に特化しており、なんと11種類もの通貨のレバレッジ取引に対応しています!

ビットコインだけでなく、リップルやモナコインなどのアルトコインの「レバレッジ取引」にも対応しているのは、DMM Bitcoinの大きな魅力の1つですね!

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

おすすめ第4位:TAOTAO(タオタオ)

TAOTAO(タオタオ)の特徴

① 最先端のセキュリティ「WAF」を導入している!

② 「指値」「逆指値」「OCO」など、様々な注文方法にも対応している!

おすすめ取引所の第4位は、TAOTAOです。

使いやすいアプリに加えて、プロ向けのPC版取引ツールも提供しています。

初心者から上級者を目指したい人にも最適と言えるでしょう。

こだわりのある本格派の人は、TAOTAOが非常におすすめです。

おすすめ第5位:GMOコイン

GMOコインの特徴

 ① GMOクリック証券なども手がけている一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持つ!

「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料なので、圧倒的にコスパがバツグン!

③ 現物・レバレッジ取引の両方に対応しているので、様々な種類・取引方法でトレード可能!

おすすめ取引所の第5位は、GMOコインです。

GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営元の親会社です。

信頼性は非常に高く、安心して取引することが可能です。

アプリや取引ツールが使いやすい他、取り扱い通貨数も8種類と豊富です。

初心者から上級者まで幅広くおすすめできるのが、GMOコインです。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

それぞれの仮想通貨取引所を項目毎に比較

上記の表は、各取引所の取り扱い通貨数や手数料などをまとめたものです。 それぞれの項目の比較を、下記で確認していきましょう。

取り扱い通貨数

取り扱い通貨数ではCoincheckが最も多く、12種類の仮想通貨が取引できます。

DMM BitcoinとbitFlyerは9種類、GMOコインは8種類と比較的多めの取り扱いになっています。

TAOTAOは他の取引所と比較すると少なめで、5種類です。

取り扱い通貨の数で選ぶのであれば、Coincheckが良いでしょう

取引手数料

仮想通貨の販売形式には、「取引所」と「販売所」の2つの形式があります。

「取引所」と「販売所」とは?

取引所:ユーザー同士が直接取引できる形式 販売所:販売会社から仮想通貨を購入・売却する形式

取引所」か「販売所」かで取引手数料は異なりますが、ほとんどは無料となっています。

ただし、「販売所」の場合はスプレッドが大きくなる傾向があります。

スプレッドとは?

仮想通貨の買いと売りの価格差のことです。

スプレッドは大きければ大きいほど割高になり、取引をする上では不利になります。

販売所」の場合、取引手数料は無料ですがスプレッドが発生することを覚えておきましょう。

入出金手数料

DMM Bitcoin、GMOコイン、TAOTAOは入出金手数料が無料です。

CoincheckとbitFlyerでは銀行振込での入金以外は、どちらも入出金手数料がかかります。

入出金の回数がどれくらいになりそうかも踏まえながら、取引所を選ぶとコストを抑えられるでしょう。

【誰でもできる】仮想通貨取引所で口座開設する方法

仮想通貨取引所への口座開設は、誰でもできる簡単なものです。

ここからは、実際に口座を開設するまでの4つのステップを画像を使い確認していきます。

1.メールアドレスの登録

2.本人情報の入力

3.本人確認書類のアップロード

4.ハガキの受け取り

今回はbitFlyerを使い、実際の登録手順を見ていきましょう。

ステップ①:メールアドレスの登録

まずは公式ページにアクセスし、メールアドレスの登録を行います。

画面右上の赤枠で囲った「無料アカウント作成」をクリックしましょう。

画面中央の赤枠で囲った空欄にメールアドレスを入力します。

入力が完了したら、その下にある「無料で登録する」の赤いボタンをクリックします。

入力したメールアドレスにbitFlyerからメールが届くので、添付されているリンクをクリックしましょう。

ステップ②:本人情報の入力

続いて、本人情報などの入力を行っていきます。

上の赤枠にパスワードを入力し、その下の赤枠に確認用のパスワードを入力します。

入力が完了したら、一番下の赤枠の「設定する」をクリックしましょう。

上の赤枠のチェックボックスにチェックを入れていきます。

完了したら下の赤枠の「同意する」をクリックしましょう。

二段階認証の設定画面に移動します。

二段階認証とは?

携帯番号やアプリを使いパスワードを二段階で入力する、セキュリティを強化する仕組みのことです。

携帯電話のSMSかアプリが選択できますが、今回は携帯電話のSMSで設定してみます。

「携帯電話のSMSで受け取る」をクリックしましょう。

携帯電話の番号を上の赤枠に入力し、下の赤枠の「次へ」をクリックします。

SMSが届くので記載されている番号を上の赤枠に入力しましょう。

完了したら、下の赤枠の「認証する」をクリックします。

二段階認証が必要なタイミングを上の赤枠から選択しましょう。

選択が完了したら下の赤枠の「設定する」をクリックします。

上記の画面が出てきたら、赤枠で囲った「本人確認手続きをする」を選択します。

上から順番に、名前や生年月日などの情報を入力していきましょう。

最後まで入力が完了したら、画面最下部にある「次へ」をクリックします。

居住国や住所などを入力していきます。

最後まで入力が完了したら、画面最下部にある「次へ」をクリックします。

赤枠で囲った「入力内容を確認する」をクリックしましょう。

入力した内容が表示されるので、間違いがないか確認しましょう。

問題がなければ、画面最下部にある「登録する」をクリックして次へ進みます。

上記の画面が出てくるので、赤枠の「続けて取引目的等を入力する」をクリックしましょう。

上の赤枠のボックスにチェックを入れ、下の赤枠の「次へ」をクリックします。

上の赤枠から職業を選択し、下の赤枠の「次へ」をクリックします。

年収や資産などの情報を入力していきます。

入力が完了したら、画面最下部にある「次へ」をクリックします。

上の赤枠のタブから、登録の経緯で当てはまるものを入力しましょう。

完了したら、下の赤枠の「次へ」をクリックします。

上の赤枠から「内部者に該当しません」を選択します。

完了したら、下の赤枠の「入力内容を確認する」を選択します。

入力内容に誤りがないか確認しましょう。

問題がなければ画面最下部にある「登録する」をクリックします。

本人確認書類のアップロードを促す画面になるので、そちらへ移動しましょう。

ステップ③:本人確認書類のアップロード

赤枠で囲った「クイック本人確認」を選択します。

アップロードは専用のURLから行います。

スマートフォンでバーコードを読み取るか、登録したアドレスあてにURLを送信してもらうか選択しましょう。

後はスマートフォンを使い指示に従い本人確認書類を撮影し、アップロードすれば完了です。

ステップ④:ハガキの受け取り

登録が完了すると本人確認の意味も含めたハガキが届きます。

受け取ることで口座の開設が完了するので、しっかりと受け取りましょう。

以上で口座の開設は完了です。

仮想通貨・ビットコイン投資のよくあるQ&A

続いて、仮想通貨やビットコイン投資に関しての「よくあるQ&A」をまとめました。

何か疑問に思ったら、まずはこちらのQ&Aを確認してみましょう!

よくあるQ&A①:手数料を安くするにはどうすれば良いですか?

手数料を安く抑えてトレードするなら、まずは各種手数料が安い取引所を選びましょう。

手数料の種類一覧

・取引手数料

・入金手数料

・出金手数料

・送金手数料

・スプレッド

基本的に必要になるのは、上記5つの手数料になります。

その他、レバレッジ取引などを行う場合は「レバレッジ手数料」なども必要になります!

ですので、まずは取引手数料・出入金手数料が安い取引所を利用するようにしましょう。

加えて、次に意識すべきなのが「スプレッド」です。

本記事内でもご紹介しましたが、スプレッドは「購入価格」と「売却価格」の差額のことで、実質の手数料です。

スプレッドは狭ければ狭いほど有利ですので、なるべくスプレッドが狭い業者を選びましょう。

仮想通貨業者には「取引所」「販売所」の2つの形式がありますが、一般的には「取引所」の方がスプレッドが狭目に設定されています。

ですので、取引所形式を用いた業者を選ぶように心がけましょう!

Coincheckで無料口座開設!

よくあるQ&A②:海外取引所でも取引できますか?

海外取引所でも、仮想通貨の取引を行うことは可能です。

ただし「Binance(バイナンス)」や「BitMEX(ビットメックス)」などの有名な海外取引所に関しては、日本人向けのサービスを終了し始めています。

海外取引所は数百~数千の通貨を取り扱っていて魅力的です。

ただしレバレッジ倍率が高く、資産を一瞬で溶かしてしまう危険性もあります。

さらに、海外取引所はその名の通り海外に拠点を置いているため、サポートが充実していません。

国内取引所であれば、仮に資産が流出した場合でも「補填」などを受けることが可能ですが、海外の場合は最悪の場合、資産を失ってしまうリスクもあります。

ですので、初心者の方は海外ではなく「国内取引所」を使って取引することをオススメします!

仮想通貨のおすすめ口座 まとめ

今回は仮想通貨の口座はどこがおすすめかについて解説してきました。

仮想通貨の口座開設はとても簡単で、誰でもすぐに行うことができます

また、仮想通貨の価格は全体的に上昇傾向にある状態です。

大事な買い時を逃さないためにも、今の内に口座開設を済ませておきましょう。

Coincheckで無料口座開設!