Jun 25, 2019

SWIFT、GPI決済をブロックチェーン企業に開放へ | リップル、JPモルガン、仮想通貨リブラとの競争激しくなる中

4555 Total views
35 Total shares

SWIFT(国際銀行間金融通信協会)は先週、同社が開発したグローバル・ペイメント・イノベーション(GPI)をブロックチェーン企業に開放すると発表した。リップル、JPモルガン、フェイスブックのコンソーシアムなどをはじめクロスボーダー(国をまたいだ)送金市場での競争は激化している。

GPIは2017年に立ち上げられた。SWIFT上で送金スピードの向上や透明性の改善などを目指す。SWIFTは、「決済:未来を見据えるーインスタントでアクセス可能でユビキタス」というレポートの中で、R3のコルダとの概念実験成功の結果、「GPI決済がDLT(分散型台帳技術)を基盤にするトレードプラットフォームですぐに使えるようになる」と述べた。

現在、SWIFTのクロスボーダー送金の55%、40兆ドル(約4280兆円)でGPIが使われている。「半分ほどは受取手までに数分で到達。実質的に全て24時間以内で到達する」という。

今後2年間ですべてのSWIFT決済はGPIを使って行われるようになるという。

1973年設立のSWIFTは、世界200カ国に1万1000もの金融機関と提携しているが、送金スピードが遅く、コストが高いこと批判の的となっている。

ブロックチェーン企業リップルに加えて最近ではJPモルガン、フェイスブックのリブラというようにクロスボーダー送金市場での競争は加熱している。

【関連記事:リップルCEO「フェイスブックの仮想通貨リブラのおかげで今週の契約数が史上最多に」|マネーグラム提携でXRP上昇しない理由も解説

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー

ピックアップ記事
プレスリリース