Jan 12, 2019

「トロンじゃビットトレントの取引量を扱えない」元BitTorrent幹部|仮想通貨トロンは1カ月で8割近く上昇

3316 Total views
21 Total shares

世界的に人気なファイル共有サービスのビットトレントの元幹部であるサイモン・モリス氏は、仮想通貨トロンはビットトレントのトークン化を扱うのは難しいという見方を示した。11日付のBreakerMagが報じた。トロンはビットトレントを買収後、仮想通貨トロンのプロトコルを基盤にしたトークン、ビットトレント(BTT)を発行したと発表していた

ビットトレントの元最高戦略責任者(CSO)であるモリス氏は、トロンの発表について「ベニヤ板のようにかなり薄い技術に裏付けらたマーケティングマシーンにすぎない」と発言。モリス氏によれば、ビットトレントはトークン化に成功すれば40%ほどネットワークのスピードを上げることができるが、トロンは単純にビットトレントの取引量をサポートできないという。

モリス氏は、トロンはビットトレントの計画を「どこかのセントラルサーバー」で実行し、トロンのブロックチェーンの限界を隠そうとするのではないかとみている。

トロンは1カ月で8割上昇

ビットトレントトークン発表のほか、トロンは、分散型アプリ(dApps)のプラットフォームとしてイーサリアム(ETH)に対するライバル心をむき出しにしている。

先月24日、トロンのジャスティン・サンCEOが、イーサリアム上のdAppsの開発で有名なコンセンシスが、最大50%~60%の人員削減を進めていると報じられたことを受けて、イーサリアム とコンセンシスが徐々に崩壊しているとツイート。

コンセンシスとイーサリアムの開発者に対して、履歴書をトロンに送って、新しい機会をつかんでくださいと呼びかけた。

仮想通貨相場が低調な中、トロンは過去1カ月で8割近く上昇している。

(引用元:CoinMarketCap

 

「トロンはゴミ」

一方、トロンの技術的な基盤を疑問視する専門家は他にもいる。

リップルの共同創業者ジェド・マケーレブ氏は先月31日、「トロンはゴミ」と全否定。「90%のプロジェクトがB.S(デタラメ)」と指摘し、相場が落ち着いている現在、そうしたプロジェクトが一掃されることを期待していると話した。

「例えばトロンは単なるゴミだね。けど、人々は、巨額マネーを投資する。技術的に機能することは不可能なのにね」

 

 

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー

ピックアップ記事
プレスリリース