著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類(レバレッジ11種類、現物3種類)でお取引が可能です(※2020年10月現在)。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

(出典:DMM Bitcoin 「BTCJPY 1時間足」)

先週(10/30―11/1)のBTCJPY相場は、堅調に推移し、年初来高値を更新した。

金曜日(10/30)のBTCJPY相場は反発。

BTCJPYは午前7時から午前8時にかけてやや軟調な動きとなり、140万円まで下落していたが、東京市場時間に入るとゴールドが上昇しそれにつられる形でBTCJPYも午前の高値となる142.6万円まで回復した。しかし、週末を控えた株式市場でリスク回避の売り圧力が強まると、日経平均株価、TOPIX、マザーズ先物のすべてが下落し、BTCJPYも午後3時に137.1万円まで下落した。

欧州市場時間では、米国大統領選挙と新型コロナウイルス感染者拡大を背景にしたリスク回避の流れから欧州株が下落して始まったが、BTCJPYは137万円台でサポートに支えられて底堅い推移となった。さらにダウ先物やゴールドが上昇に転じたことも追い風となって続伸し、午後9時前には139.8万円まで値を戻した。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。