著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

250万円ワンタッチ

週末のBTC相場は堅調な展開。2万ドル突破後、1本調子で240万円まで上昇後、若干の調整が入ったが、230万円台で2度サポートされると切り返し、今朝方は250万円台ワンタッチに成功している。先週木曜日に244万円台まで上昇したBTC相場だが、著名アナリスト、トム・デマルク氏ら高値警戒感を指摘する声もあり230万円代まで値を下げていた。米当局が個人ウォレット規制案を発表したことも相場の重石となったか。しかし、18日の米政府閉鎖期日が景気対策案協議のために48時間延長されると週末の合意もあり相場は復調、出遅れていたLTC、BCHなどの復調もあり堅調に推移した。イーロン・マスク氏がBTCやDorge Coinに言及しかとことも若干の下支えになったか。250万円で若干達成感も出たせいか、CME先物開始前に調整売りが出たが、米与野党が景気対策案で大筋合意したとの報もあり240万円で下げ止まっている。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。