リスクをしっかりコントロールでき、資金の効率を高めたいユーザーに多く支持されているハイレバレッジの海外の仮想通貨取引所といえば、100倍で有名なビットメックス(BitMEX)が挙げられる。実はこれよりも高い倍率を提供している取引所がある。それは、最大200倍を謳うCryptoGT(クリプトGT)だ。どのような取引所か詳しく見ていこう。過去に実施したキャンペーンが好評で新規登録で3000円相当の仮想通貨(証拠金)と入金額の50%ボーナス付与キャンペーンも実施中だ!

マーシャル諸島の取引所でも日本語にてサポート!

CryptoGT(クリプトGT)は、CEOのAndreas Pouroutis氏とCOOのIoannis Savvias 氏が、マーシャル諸島で2018年に設立した仮想通貨取引所だ。両氏とも大手FX取引所のXM社で経営メンバーとして携わっていた経歴を持つ。

共同創業者のAndreas氏とIoannis氏

海外の言葉が分からないから・・・と尻込みする必要はない。ウェブサイトや取引アプリ、マニュアル、ヘルプセンターまで、全て日本語による表示に対応している。また、海外の取引所によくある、「怪しげな」日本語ではなく、「信頼できる」日本語で記載されているので、とても安心だ。

ヘルプセンターのよくある質問も充実しているが、すぐにサポートを受けたい場合は、ウェブサイトのチャット画面で、日本語によるサポートを受けることもできる。他の取引所では、数時間経ってからようやく返信があり、リアルタイムに解決できなかった、という話も聞くが、CryptoGT(クリプトGT)のチャットサポートはほとんどのケースで1分以内に返信してくれるようだ。

サポート時間も年中無休で午前9時から夜24時までとなっており、平日忙しく夜や週末にトレーディングするユーザーにとっても安心だ。

レバレッジ倍率の高い取引所では、取り扱っている通貨ペアが少ないことが多い。一方、レバレッジ200倍のCryptoGT(クリプトGT)では、58種類のペアに対応、そのうち法定通貨建てでは7通貨が対応している。BitMEXは8種類なので、比べるとCryptoGT(クリプトGT)の通過ペアが圧倒的に多い。またリップル(XRP)の証拠金取引もできるため、多くのトレーダーに使われている。

信頼と安定のMT5でサクサク取引可能

トレーディングプラットフォームには、MT5META TRADER 5)を採用しているため、安定した取引をサクサク行うことができる。

MT5とは、MetaQuotes Software社が開発したトレーディングソフトウェアで、株式やFX、先物などの取引に対応している。2000年から開発が始まっており、世界で100万を超えるユーザーと数百社のブローカーに愛用されている。ちなみに、創業者兼CEOのAndreas 氏もかつて、Metaquotes Software社の国際営業部門にてマネージャを勤めていたことがあり、MT5に対する造詣も深い。

MT5の特徴

・安定しており、信頼性が高い

・レスポンスが速く、遅延が発生しにくい

・インターフェイスが洗練されており、使いやすい

・様々な注文方法に対応しており、自由自在な取引が可能

・自動トレーディングにも対応

MT5のトレーディング画面

取引アプリも、デスクトップ版、モバイル版ともに用意されており、それぞれの端末にあったインターフェイスがデザインされているので、使いやすさも抜群だ。

取引手数料は無料、スプレッドは0.1%前後~

BitMEXなどの取引所では、板取引方式によるTaker手数料やMaker手数料などがかかるのに対し、CryptoGT(クリプトGT)は販売所方式をとっており、スプレッド制となっている。スプレッドは、通貨ペアによって異なるが、0.1%~0.3%といったところだ。スワップ(レバレッジ手数料)は、日本時間の午前6時にポジションを保有している場合にかかる手数料で、これも通貨によって異なるが0.0185%~0.0296%といったところだ。

こちらのページで、通貨ペア毎の情報(過去の平均値)を開示しているので、取引の前にチェックするのが良いだろう。また、入金や出金に関する手数料も全て無料となっている。

ウェブサイトでスワップや通貨ペア毎の詳細情報が開示されている

コールドウォレットとマルチシグネチャで万全のセキュリティ

今年になってからもハッキングによる仮想通貨の流出事件は後をたたず、取引所のセキュリティが気になる方は少なくないだろう。

同取引所は、ビットコインだけでなく、アルトコインも証拠金とすることもできるため、取引に際しては、ウォレットにまとまった仮想通貨を預けるケースも考えられる。こういった心配に対しても、しっかり対策が講じられている。

ひとつめは、内部で決められた一定量の仮想通貨のみホットウォレットで管理し、残りの仮想通貨はコールドウォレットで管理していることである。財布の中に必要最低限の現金だけ入れておけば、仮に外で盗まれても被害を最小限に抑えることができるのと同じだ。万一、ハッキングに遭っても被害を限定的とすることができる。

もうひとつは、仮想通貨の送金にマルチシグネチャによる承認作業を行っていることだ。複数人の異なる秘密鍵がなければ、送金を行うことができないという仕組みであるため、仮にひとつの秘密鍵だけをハッキングできたとしても、犯人のウォレットに送金することはできない。

ここで注意しなければならないのが、これらの強固なセキュリティとトレードオフで、出金に時間を要するということだ。同取引所によると、早ければ1時間で完了するが、最大で48時間を要するとしている。他へ送金する必要のある仮想通貨は余裕をもって出金手続きを行ったほうが良さそうだ。

新規口座開設で3,000円相当の証拠金と入金額の50%をプレゼント!

CryptoGT(クリプトGT)は現在、新規登録をすると約3,000円相当の証拠金と入金額の50%をプレゼントするキャンペーンを常時行っている。

 

トレーディングを始めるまでの主な流れは次の通りだ。メールアドレスを準備して簡単に口座を開くことができる。

CryptoGT(クリプトGT)へはこちらから

1. 新規登録

2. アカウント認証

3. トレーディングアカウントの開設

4. 仮想通貨をeWallet(ウォレット)に入金

5. MT5をダウンロードしてPC、もしくはモバイル端末にインストール

新規登録を行ったユーザーに対し、3,000円分のクレジットがMT5アカウントに付与される(これまでアカウント登録を行ったことのあるユーザーは対象外)。付与されたXRPを直接出金することはできないが、保証金として利用することができる。もちろん、それで得た利益は出金が可能だ。

また、過去にアカウントを開設したことがあっても入金したことがないユーザー(新規登録行ったユーザーも対象)は、入金した額の50%をボーナスとしてMT5アカウントに付与される。仮に10万円入金した場合15万円入金した扱いと同じになりトレードをすることができる。もし10万円で1ヶ月の利益が20%の場合2万円の儲けになるが、50%のボーナスがつくことで20%で3万円の利益になり効率よく収益をあげることができる。ただし、こちらも直接出金することはできないが、保証金として利用することが可能だ。

**注意点**

もし一度でも出金をした場合、出金額に関わらず、付与されたボーナスは全て消えてしまうので、注意が必要だ。

まとめ

少ない資金でも効率よく利益を上げることができるレバレッジ取引だが、日本では自主規制で4倍に抑えられており、高倍率で取引をしたい場合は海外の取引所を使うしかない。そんな状況の中、CryptoGT(クリプトGT)はレバレッジ倍率が200倍と超高倍率トレーディングを提供しているだけでなく、インターフェイスからサポートまで日本語対応している。しかも、保証金として利用できるボーナス付与のキャンペーンを実施している。高倍率のレバレッジ取引をしたい方にとっては、絶好のチャンスと言えるだろう。

CryptoGT(クリプトGT)へはこちらから