【PR記事】インフルエンサー市場をトークン化! 元祖インフルエンサーが仕掛けるPATRONとは

 PATRON社は、ソーシャルメディア上のインフルエンサーをサポートする新しいブロックチェーンベースのプラットフォームを立ち上げようとしている。ホワイトペーパーによるとこのプロジェクトは、世界中のインフルエンサーとSNSユーザーのための包括的なエコシステムの構築を目指している。

 同社が目指すのはいわばAirbnbのインフルエンサー版だ。同社が提供する新たな仕組みを通して、インフルエンサーの投稿を購入したり、インフルエンサーと長期契約を結ぶことができるようになるという。

 現行のインフルエンサーマーケティング業界では、インフルエンサーへの支払いの最大40%が仲介を行う代理店によって中抜きされている。PATRONは仲介者の問題に対してブロックチェーンベースのソリューションを構築。市場をトークン化し、高い手数料を無くそうとしている。

インフルエンサー業界を変えるか

 PATRONの創業者である久積篤史(ひさつみあつし)は、第一にインフルエンサーであり、その次に起業家である。彼は受賞歴のある歌手でありDJでありダンサーだ。彼のビジネスバックグラウンドの多くはマーケティング関連であり、インフルエンサーと協力して彼らのリーチを広げるためのより良いソリューションを創り上げて行くことである。

 市場をトークン化し、ブランドの構築と収益化を容易にすることで、PATRONは全く新しいインフルエンサーの層を開拓できるかもしれない。さらに、大半の企業がインフルエンサーに接触する際に連絡先が分からないという問題は、インフルエンサーが活動を行うプラットフォームを構築することで改善されるだろう。

 スマートコントラクトによって自動化された分散型プラットフォームを通して、PATRONは既存のビジネスモデルを、顧客やクリエイターにとってより納得できるシステムに置き換えることを目指す。

 PATRONのようなプラットフォームの導入によって、2つの経済的な効果が生じる可能性がある。まず、スポンサーもインフルエンサーもこれまでより多くの収益を得ることができるだろう。そしてインフルエンサーのスポンサーになることが安価になるだろう。これにより、さらに多くのインフルエンサーが参入してくる可能性がある。

 仲介者であることで利益を得るビジネスは、皆がこれまでよりも効率的な方法に気づくことで危機に晒されている。

 そしてPATRONは古いビジネスモデルを変革するかもしれない革新的な技術の一例だ。

間もなくICO実施へ

 現在PATRONはICOの真っ只中だ。彼らはすぐにプリセールに入り、一般向けICOの前に1000万ドルの調達を目指している

 ICOは企業が事業計画を実行する際、これまでより遥かに多くの資金を必要とする段階に到達した時に必要となる。PATRONはICOで調達した資金を3つの異なるビジネスの側面の拡大に使う予定だ。まず、アプリケーションとインフラストラクチャを作る開発者のための人件費だ。そしてサンフランシスコに事業所を立ち上げるための初期費用だ。最後に、インフルエンサーのためのスタジオとワークスペースを開設するための資金が必要だという。

 ICO中は参加を促進するために、プレミアム期間を設定。トークンに対し60%のボーナスを提供する。プレセールは2月14日から開始されるとのことだ。

Will Bartlett

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー